漫画ネタバレ

『赤髪の白雪姫』 第117話のネタバレ&最新話。オビの調査報告

『赤髪の白雪姫』 はあきづき空太先生の漫画で、Lalaにて連載中です。



『赤髪の白雪姫』 前話(116)話のあらすじは・・・
オビがベルガット家に向かい内密に調査を進める間、ヒアテス騎士団のヨヅミ・イリーズという者がある香水について調べて欲しいと白雪達に依頼に来る。恋人がつけていた香水だが、ある日初対面の貴婦人から同じ香りがした時に心が揺れ、恋人に抱く様な感情になってしまったという。その時は我に返るも、香水の香りがそうさせたのではと考え不安に駆られていた。白雪が香水を身につけてヨヅミの様子を見ると、匂いを嗅いだ瞬間意識がぼんやりしており、変化が見て取れた。その後話す中でエイセツから恋人の名前を聞かれるがヨヅミは答えられないと言う。白雪は香水の調査を優先する事を提案し、成分を薬剤室の仲間へと送る。エイセツの負担を考え、香水の件は自分達に任せて欲しいと笑う白雪。そんな時、オビがベルガットから帰ってきて…!?

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

『赤髪の白雪姫』 第117話のネタバレ&最新話。

オビの調査報告

“リエラ夫人”には心当たりがなかったエイセツ。
続けてオビは“仮面騎士の夜会”について聞く。
エイセツはそれは知っていると言い、教えた。

仮面騎士の夜会とは貴族が時々開く遊びだそうで、顔を隠し、衣装を纏い、名は明かさず、詮索もせず、盤上遊戯やカードゲームに興じるもので、たとえ相手が誰か分かっても外では話題にしないのがルール。

リエラ夫人はルギリア領だけでなくベルガット領の夜会にも出席している人物で、金銭的恩のあるトウカ・ベルガットに近況を報告する手紙を送っており、その中で、仮面騎士の夜会への出席を逐一報告していた。
そして密かに、夫人から報告のあった夜会の主催の家で使用人に話を聞くと、夜会の最中の記憶が一部曖昧な者や意識が鈍るような時があった者がいた。
別の日・別の家の使用人に数人。
しかし夫人が出席していない夜会ではそのような話はなかった。

リエラ夫人は、夜会に出席し、そこで“何か”をしている。

オビ・エイセツ・白雪、仮面騎士の夜会へ

オビは、懐からある夜会の招待状を取り出した。
近々ベルガット領で開かれる夜会のものらしく、調査に使えるだろうとツルバにもらったという。
オビは夫人が来るかは賭けだが探ってみると言い、それを聞いたエイセツも同行すると言い出した。
ここから先は、オビはゼンの騎士として、エイセツはルギリアの当主として調べに入る。
オビは、トウカが怪しい薬をいくつか所持していた為、リエラ夫人が出席している場合何か使ってくるかもしれない危険性を伝えた。
一瞬蒼ざめたエイセツだが『二言は無い』と意志は変えなかった。

その後オビは同じ話を白雪にも伝え、招待状を見せる。
白雪は一通り聞いた後、自分も同行したいと言い出した。
白雪が頼りになる事、待つべき時は待ってくれる事も知っているオビは、心配しながらも反対はしなかった。

白雪にも、気になる事があった。
ヨヅミが依頼してきた香水の所持者がどちらも貴族の女性である事。
もし、貴族の間で密かに使われているものだとしたら…2人は想像し、『恐ろしい』と顔を見合わせる。
リュウにも話を通し、準備として薬材調達を始める白雪。
こうしてオビ・エイセツ・白雪の夜会への参加が決定した。

リリアスへ香水の調査依頼が届いて…!?

一方、リリアス。
休日の鈴を発見したユズリ。
2人は一緒に昼ご飯を食べに行った。
植物採集家であるユズリは手塩にかけて育てた温室の花の人気が好調のためご機嫌で、鈴に昼ご飯を奢ると笑う。
食べながら、ユズリは鈴に急ぎの荷物があると薬剤師から言われていた事を思い出し、慌てて昼ご飯を終えた。

荷物を取りに行くとそれはリュウからのもので、例の香水の調査依頼だった。
『開封注意』の表記がある箱と、添えられた手紙の内容から深刻な様子を感じとる鈴。
ユズリ宛でもあると伝え手紙を渡すと、読みながらユズリの顔色が変わった。

もう1人の夜会参加者

その頃ルギリアではズラリと並んだ仮面から好きなものを選ぶようにとエイセツが笑う。
オビに、似合うものを選んでくれと言われ戸惑うリュウ。
顔が隠れるなら何でもいいのでは?という考えのリュウにオビも賛同した。

白雪はエイセツに薬材の相性を聞く。

こうして、シュウとリュウに見送られ、エイセツ・オビ・白雪は夜会へと向かった。
白雪はあくまで目立つ行動は避け、薬を仕込まれた時の対処の為に控える。
エイセツは薬材の相性を聞かれた事に納得した。
今回は、オビ・エイセツ・白雪、どの領分で事が起こるか分からない。

途中、店で腹ごしらえをする一行。
夜会でも食べ物は出るだろうが、手はつけない方がいい。

その店で、オビが待ち合わせたもう1人の夜会参加者が合流する。
マントを頭から被っているその人物を、『ベルガット領での対処が領分の人』とだけ説明するオビ。
エイセツは“彼”に見覚えがあった。
そして正面から顔を見て驚く。

合流したもう1人は、ツルバだった。

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

 

『赤髪の白雪姫』 第118話のネタバレ

『赤髪の白雪姫』 第118話のネタバレ&最新話。エイセツとツルバ、初対面

『赤髪の白雪姫』 はあきづき空太先生の漫画で、Lalaにて連載中です。 『赤髪の白雪姫』 前話(117)話のあらすじは・・・ ベルガット家から帰ったオビは調査内容を報告する。鍵となる“リエラ夫人”は仮 ...

続きを見る

『赤髪の白雪姫』 第117話のまとめ

今回は『赤髪の白雪姫』 の第117話のネタバレ&最新話。をお送りしました。

漫画を読むならeBookJapan【背表紙が見やすい!】

eBOOKJapan背表紙

まるで本屋で本を捜すように背表紙で本を探せますよ。やっぱりビジュアルって大事!

登録無料で月額料金不要。しかも登録するだけで半額クーポンが貰える。

eBookJapanで読んでみる

▲無料登録で半額クーポンGET!▲

※キャンペーンは変更されている可能性があります。詳しくは上記から公式をご確認ください。

-漫画ネタバレ
-, ,

Copyright© どりまん , 2020 All Rights Reserved.