漫画ネタバレ

『悪魔だった君たちへ』 第5話のネタバレ&最新話。雄介と花奈の不倫関係

『悪魔だった君たちへ』 は作・中津功介先生、画・古場みすみ先生の漫画で、デジタル配信コミックにて連載中です。


『悪魔だった君たちへ』 前話(4)話のあらすじは・・・
高校時代、友達と思っていた皆に突然イジメられ始めた下田幸太。何故なのか全く分からなかった。それから数年が経ち、それぞれ大人になっていたが突如周りに異変が起き始め、順調だった彼らの人生は壊れ始める。俊夫は幸太がしていると思い仕返しを企む。その頃幸太は道で突然謎の男に声をかけられた。自分とそっくりなその男は幸太と一心同体だと言い『ボク達を傷つけたアイツ等に罰を与える』と気味悪く笑う。男から教えられ、バイト先に駆けつけると俊夫が幸太の憧れの綾瀬先輩を縛りビデオ撮影をしようとしていた。その後幸太の前で俊夫に犯される綾瀬。だが綾瀬は実は裏組織の人間で、助けに来た綾瀬の部下にやられた俊夫は闇社会で処理されるべく連れて行かれる。その頃、信はホテルでデリヘルと揉めて追い返し、惨めな思いをしていた。恨みの矛先は幸太へと向いていて、全てを失った信は幸太を殺すと笑みを浮かべ…!?

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

『悪魔だった君たちへ』 第5話のネタバレ&最新話。

雄介と花奈の不倫関係

幸太は昔のことを思い出していた。
高校時代、初めて出来た友達。
写真や動画を撮るのが好きな幸太は皆をよく撮っていた。
仲良くしていた…と思う。
ところがある日突然、皆の態度が変わり、無視からイジメへとエスカレートしていく。
その話を、昔病院でした。
話をした相手は同い年位の男だった位しか覚えがなく、名前どころか顔もハッキリしない。
ただ、幸太の事を“初めて出来た友達”だと言い、もっと話を聞きたいと言われた。

その頃、円谷町警察署。
デリヘル嬢と揉めた信を、引受に来た雄介。
会社での立場も地に落ち、婚約者だった美穂とも音信不通、顔色も悪く見る影もない信は、自分がこうなったのは全て幸太のせいだと顔を歪める。
『下田を殺す』と言い切る信は、自分が捕まったら弁護を頼むと雄介に言う。

数日後、某ホテルにて、雄介と花奈が密会していた。
不倫関係にある2人。
花奈は、幸太の処理は俊夫か信に任せて自分たちの関係を大切にしたいと雄介の肩に寄りかかって甘えた。
そして、雄介の子供を妊娠したと報告する。
自分と結婚して赤ちゃんと3人で暮らすため奥さんと別れて欲しいと言い寄る花奈。
雄介は、これで離婚へ気持ちの踏ん切りがついたとニッコリ笑う。
その笑顔を信じ嬉しそうに抱きつく花奈。
SNSで派手に結婚発表すると言い、お腹の子供が男女どっちかなとウキウキしながらママ気分だった。

花奈を抱きしめながら、雄介は『色々と準備が必要だな…』と邪悪な表情をする。

その頃、2人の会話を聴きながら、“謎の男”は笑う。
隣に並んだもうひとつのスマホには花奈とのやりとりがあり、この男が花奈に雄介の子供を妊娠するよう入れ知恵している文面があった。

謎の男の捜索

幸太は藤野精神病院というところに来ていた。
俊夫は“誰か”と自分を間違えて、怒りを露わにしていた。
その“誰か”が美穂や信、倫太郎など皆に何かをしている。

ふと隣に黒い影が現れる。
幸太と自分を似ていると言い、薄笑いを浮かべて腕を見せる。
そこには火傷の跡があちこちあり、その“影”は幸太の痛みを感じるため同じことをしたと言う。
そして、奴らには痛みが必要だ、と言いだした。
異常としか思えない行動。

その時、受付から名前を呼ばれハッとした。
隣にいた黒い影はいない。
幻覚だったのか?

受付の人に12〜13年前にこの病院に入院していたあの人物を探そうと試してみるが、個人情報の開示は出来ず、白い目で見られる中、幸太はそそくさと病院を後にした。
だが思い出した。
やっぱりこの病院で会っている。

肩がぶつかって薬を落としてしまった相手に謝ると、それは信だった。

雄介が罪を犯す…!

雄介の家に妻・里佳の両親が来ていた。
子供達もおじいちゃん、おばあちゃんに会えて嬉しそうで、仕事も順調・家庭も円満という表面上は理想的な生活。

雄介は思う。
この生活を壊すわけにはいかない。

その時、雄介のスマホが鳴り通知を知らせる。
見ると花奈のSNSで文面の頭文字を縦読みすると『ゆうすけ大すき』となる。
“匂わせ”てる…!!早く何とかしないと。
そんな雄介を妻の里佳は冷たい目で見ていた。

その夜、仕事場のビルに花奈を呼び出した雄介は職場のデスクで激しく花奈を抱いた。
悦び快楽に浸る反面、赤ちゃんの心配をする花奈。
次の瞬間、雄介は花奈の首を絞めた。
涙が流れ、口から泡を吹き、白目を剥く花奈。
雄介は『こうするしかなかった』と涙を流しながら花奈をスーツケースに詰め込みどこかの山に埋めようと思いながら扉を開ける。

同時に祝福の声とクラッカーが鳴り響いた。
そこには大勢の人が集まっており、雄介に花奈の彼氏かを確認しながらスマホの画面を見せた。
それは花奈の最後のSNSだった。
文面には結婚・妊娠の報告と、彼氏を紹介したいから駆けつけて欲しいという招待。
添付画像は雄介が花奈を呼び出したまさにこのビルの外観。
それを見たフォロワー達が祝福のため集まったようだ。

その時、里佳が激しい剣幕で現れる。
怒りで詰め寄る里佳。
集まった人々の1人が、スーツケースからはみ出た髪の毛に気付き悲鳴をあげた。
雄介は大声をあげその場に座り込み、涙を流してスーツケースを抱きしめ花奈に許しを乞う。

目立たないようにそれを撮影していた倫太郎。
“謎の男”にメールで送る。
それを見ながら男は愉快そうに嘲笑った。

居酒屋で話す幸太と信。
幸太は自分の知っている事を全て話した。
信は完全に幸太を信じてはいないが、今目の前にいる幸太がこんな事をやっているとも思えなかった。
しどろもどろに、警察に相談しようかと呟く幸太に、信は『ソイツは見つけ次第俺が殺す!』と声を荒げる。
その時、幸太のスマホが鳴り、メールで雄介の動画が送られてきた。
メール文には、“雄介くんと花奈ちゃんにも痛みを知ってもらったよ。君の気持ち聞かせて欲しいなぁ”とあった。

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

『悪魔だった君たちへ』 第6話のネタバレ

『悪魔だった君たちへ』 第6話のネタバレ&最新話。幸太の“分からない事”と“罪悪感”

『悪魔だった君たちへ』 は作・中津功介先生、画・古場みすみ先生の漫画で、デジタル配信コミックにて連載中です。 『悪魔だった君たちへ』 前話(5)話のあらすじは・・・ 高校時代、友達と思っていた皆に突然 ...

続きを見る

『悪魔だった君たちへ』 第5話のまとめ

今回は『悪魔だった君たちへ』 の第5話のネタバレ&最新話。をお送りしました。

漫画を読むならeBookJapan【背表紙が見やすい!】

eBOOKJapan背表紙

まるで本屋で本を捜すように背表紙で本を探せますよ。やっぱりビジュアルって大事!

登録無料で月額料金不要。しかも登録するだけで半額クーポンが貰える。

eBookJapanで読んでみる

▲無料登録で半額クーポンGET!▲

※キャンペーンは変更されている可能性があります。詳しくは上記から公式をご確認ください。

-漫画ネタバレ
-, , ,

Copyright© どりまん , 2020 All Rights Reserved.