漫画ネタバレ

『ちはやふる』第223話のネタバレ&最新話。札に嫌われる千早

『ちはやふる』は末次由紀先生の漫画で、BELOVEにて連載中です。



『ちはやふる』前話(222)話のあらすじは・・・
千早はクィーン戦の第二試合で札を並びかえて仕掛けにいきます。それは詩暢が持つ札に神様を見る力を逆手に取り、札が居心地が悪いようにわざと並びかえるというものでした。
序盤は千早が優勢になりますが、後半になるにつれ、詩暢が優勢になっていきます。千早の作戦は札に嫌われる並べ方でもあったのです。

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

『ちはやふる』第223話のネタバレ&最新話。

札に嫌われる千早

菅原道真と崇徳院の札をわざと並べた千早。
千早は札の神様の世界に呑まれます。
あんたなんでわざといじわるするんや、嫌いや、と神様たちに背を向けられてしまう千早。
詩暢はそれ見たことかと笑います。
試合は5試合あるのに、奇策を使うタイミングは今ではなかったと後悔する千早。
伊勢は1試合目の詩暢の態度に千早は詩暢の特別な相手になりうるかもしれないと期待をしていました。
しかし、いまの流れでいつもの一人かるたに戻ってしまった詩暢。
原田先生は膝が痛くロビーでソファに座って試合を観戦していました。
白波会の生徒たちは先生が千早が渡会さんと猪熊さんとばかり練習をして白波会に来ないことを悔しがっていた原田を思い出します。
渡会も、名人もクイーンも最近のトップは皆全方位に強いかるたです。
原田は勝負の世界から遠ざかる自分を感じます。攻めがるたが最強だと証明できないまま居場所を失うのかとうつむく原田。

互角に戦う新

一方の周防名人と新の試合。
周防の音感の良さに押されていると思われた新でしたが、新は落ち着いていました。
徹底して周防の前にいろいろな音が並ぶように札を送る新。
新にはバランスがあり、正しい構え、そして徹底的に目で暗記をするという強さがありました。
周防は小さな声で新に話しかけます。
初めて会ったときに言ったことを気にしているのか、と。
冷静な誰かの皮をかぶったようなかるただ。
ぼくは真島と戦ったきみと勝負するのかと思っていたのに、と。
次の札は周防が外し、新が取ります。
君はいつか名人になる、でもそれは今ではないという周防の言葉を思い出す新。
そんなこと言えるか?と反駁します。
山城さんの読みでも互角の試合ができているのに、おれのじいちゃんのかるたが通用しているのに、と。

千早に宿る攻めがるた

それからの千早は詩暢に攻められてばかりでした。
原田は思わず何をやっているのだと檄を飛ばします。
千早、攻めろ。敵陣を攻めることでしか自分の陣形は作れないんだ。下を向くな。
しかし、追い込まれてもなお、千早の目は前を見据えていました。
ああ、そうかと千早はある納得をします。
詩暢の遊んでいる世界が垣間見えたのです。
詩暢にもあるのだろう、""読まれる札が浮いて見える""、""読まれる札に呼ばれる""ということが。
千早は札に向かい深々とお辞儀をします。
もう一度、つながらせてください、と。
その次の札は千早が取りました。
原田は痛感します。
千早は自分でたくさんの武器を取りにいっているじゃないかと。
どんなプレイスタイルを手に入れても、あの子の魂は攻めがるたじゃないか、と。

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

『ちはやふる』第224話のネタバレ

『ちはやふる』第224話のネタバレ&最新話。肉まんくんこと西田

『ちはやふる』は末次由紀先生の漫画で、BELOVEにて連載中です。 『ちはやふる』前話(223)話のあらすじは・・・ 詩暢の嫌がる並べ方は、札の神様にも嫌われる並べ方でもあり、千早は札を落としていきま ...

続きを見る

『ちはやふる』第223話のまとめ

今回は『ちはやふる』の第223話のネタバレ&最新話。をお送りしました。

漫画を読むならeBookJapan【背表紙が見やすい!】

eBOOKJapan背表紙

まるで本屋で本を捜すように背表紙で本を探せますよ。やっぱりビジュアルって大事!

登録無料で月額料金不要。しかも登録するだけで半額クーポンが貰える。

eBookJapanで読んでみる

▲無料登録で半額クーポンGET!▲

※キャンペーンは変更されている可能性があります。詳しくは上記から公式をご確認ください。

-漫画ネタバレ
-, , ,

Copyright© どりまん , 2020 All Rights Reserved.