漫画ネタバレ

『ちはやふる』第225話のネタバレ&最新話。詩暢の世界へ

『ちはやふる』は末次由紀先生の漫画で、BELOVEにて連載中です。



『ちはやふる』前話(224)話のあらすじは・・・
幼いころから百人一首にふれ、札と強固な絆を持った詩暢。千早は、そんな詩暢の世界に気が付き、少しずつ「詩暢の世界」を理解し始めていました。
そんな千早にペースを乱された詩暢は、ついに珍しいお手付きまでしてしまいます。見ていた者は詩暢にとっての千早はその「世界」を初めて共有している人間であるのだと思い始めるのでした。

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

『ちはやふる』第225話のネタバレ&最新話。

詩暢の世界へ

百人一首だけではなく、学問でも、他者でも、理解しようと学ぶ営みだけが、見えないつながりを浮かび上がらせてくれるのです。
そんな教えを思い出した千早は、ついにたった一人で札の神様の世界にいた詩暢にたどり着きます。
詩暢は千早を拒絶します。来るな、と。
動揺が出たのか、詩暢の囲い手だった大山札は、千早の手に渡ってしまいます。
それから続けて、詩暢が狙っていた札を千早に奪われる詩暢。
観客は一気に千早に流れが来ているた盛り上がります。
狙うべき札が詩暢の陣地に集中しており、これなら千早の「攻めがるた」が生きると。
詩暢は焦っていました。
札に呼ばれる感覚が弱く、神様がみな千早を呼んでいるような気がするのです。
ずっと千早に腹を立てていたくせになんでやと神様に問いかけます。
札の神様たちは実はずっと面白くてきれいだと思っていたし、ここに来てくれたのは、千早が初めてじゃないかと。
急に動きが止まってしまう詩暢。

太一の祈り

そんななか、目を覚ました千早の姉の千歳。
緊迫した場の雰囲気にのまれ、逃げるように傘を持って会場を後にします。
千歳とすれ違った太一は参拝することにします。
太一は、新に送ったメールのことを思い出していました。
周防にはハンデがあるが、現時点では最高峰にいること。
かるたに愛されているのに手を放してしまう人だからかるたが好きな人にこそ周防は負けてほしいと祈る太一。
その思いが通じたのか新は形成逆転し、兼子が目の前にきたきっかけで周防は勝負を投げるような行動をします。
坪口が参拝を終えるころ、もう一度柏手を打ち、太一は二度目の参拝をします。
所詮、人は人のためにしか祈れないと思いなが、今度は千早の夢が叶うように、苦い涙を流さないようにと真剣に祈ります。
ふいに神殿に、千早が現れ、微笑みかけたような気がして、目を見開く太一。
帰ろうとすると千歳が帰ろうとしていると聞き、太一は慌てて走り出します。

勝敗が決する

クイーン戦の2回戦の終盤。
詩暢が残り1枚、千早が残り4枚というところまで来ていました。
次に読まれた札は千早が取り、追い上げ始める千早。
そんな千早に感心したように詩暢は少し微笑むと、その次の札を詩暢は余裕の表情で取ってしまいます。
詩暢は笑いながら千早を見下します。
また遊ぼうと終わりを宣言された気分になる千早。
3枚差で詩暢が勝ちをもぎ取ります。
負けた千早は思わず顔を伏せて駆け出し外に出て行きます。
千早は詩暢の核心に迫ったからこそ、これ以上何をしたらいいのかがなくなってしまったのです。
雪の中で涙を流す千早。

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

『ちはやふる』第226話のネタバレ

ComingSoon

『ちはやふる』第225話のまとめ

今回は『ちはやふる』の第225話のネタバレ&最新話。をお送りしました。

漫画を読むならeBookJapan【背表紙が見やすい!】

eBOOKJapan背表紙

まるで本屋で本を捜すように背表紙で本を探せますよ。やっぱりビジュアルって大事!

登録無料で月額料金不要。しかも登録するだけで半額クーポンが貰える。

eBookJapanで読んでみる

▲無料登録で半額クーポンGET!▲

※キャンペーンは変更されている可能性があります。詳しくは上記から公式をご確認ください。

-漫画ネタバレ
-, , ,

Copyright© どりまん , 2020 All Rights Reserved.