漫画ネタバレ

『ちはやふる』 第227話のネタバレ&最新話。気合いを取り戻す千早

『ちはやふる』 は末次由紀先生の漫画で、BELOVEにて連載中です。



『ちはやふる』 前話(226)話のあらすじは・・・
新は周防に勝ち、あと一勝で名人と呼ばれるところまで来ていました。
負けてしまった千早はもうなすすべがないと雪の中で泣いていました。
そんな千早を連れ戻した新は三勝するぞ、自分のかるたをするしかないのだと千早を励ますのでした。

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

『ちはやふる』 第227話のネタバレ&最新話。

気合いを取り戻す千早

するぞ、三勝という新の言葉に気合いが入る千早。
詩暢がやって来ますが千早は詩暢を押しのけて先に会場に入ります。
詩暢を従えるように浦安の間に入る千早。
奏たちは素早く履き物を整理します。
田丸にうながされて着替えに向かう奏り
新は千早を見送ると太一のメールを読みます。
周防は人にぶつかりながら会場に入っていきます。
メールを見て、周防が自陣の外側が苦手なのを思い出す新。
一方、次の読手の九頭龍は布団にくるまっていました。ひどい冷え性なのです。
九頭龍を迎えにきたのは今日子でした。
昔から桜のように活躍していた今日子と違い九頭龍は途中から始めて歳が同じくらいしか共通点がありませんでした。
そんな九頭龍を読手へと誘ったのが今日子だったのです。

九頭龍の月日

そして九頭龍は読み手として努力を積み重ねました。
発した音が届くのではなく、選手という達人に音になる前に絡め取られる快感が読手にはあったのです。
好きよ、あなたの読み。
その一言だけで九頭龍は40年読手を続けたのでした。
会場では詩暢が優勢と見るものが大半で、詩暢もこの試合で終わりにしようと自信を持っていました。
しかし、千早は左手を耳に当て、とてつもない集中力を見せていました。
九頭龍は家庭を二の次に読手を頑張っていましたが、ある日夫が脳内出血で倒れてしまいます。
それから10年の月日。九頭龍は夫に寄り添い献身的な介護をします。
誰よりも九頭龍のことを気にかけていた今日子は夫の葬式で九頭龍を抱きしめ戻ってきてと泣いてくれたのです。

1枚目を取ったのは千早

会場入りした九頭龍は襟巻きを取り、裸足で立っていました。
読手とは1時間半立てる人間のことだと座るのを拒む九頭龍。
九頭龍は朗々と難波津の歌を読み上げます。
そして最初の一枚を取ったのは千早でした。
あまりの早さに詩暢が驚くほどでした。
九頭龍は専任読手の中で一番でした。
つまり日本の中で一番、発音・発声のコントロールが出来る読手で、わざとつけているクセがあったのです。
千早の中では「勝たなければ」という意識が消えていました。
エースとして次につなぐ、そのことに集中する千早。
読手の交代により勢いを増した千早に会場は色めき立ちます。
生意気な終わらせると睨む詩暢に、繋ぐのだと意気込む千早。
二人は同時に札を取ります。
果たして先に取ったのはーー

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

 

『ちはやふる』 第228話のネタバレ

ComingSoon

『ちはやふる』 第227話のまとめ

今回は『ちはやふる』 の第227話のネタバレ&最新話。をお送りしました。

漫画を読むならeBookJapan【背表紙が見やすい!】

eBOOKJapan背表紙

まるで本屋で本を捜すように背表紙で本を探せますよ。やっぱりビジュアルって大事!

登録無料で月額料金不要。しかも登録するだけで半額クーポンが貰える。

eBookJapanで読んでみる

▲無料登録で半額クーポンGET!▲

※キャンペーンは変更されている可能性があります。詳しくは上記から公式をご確認ください。

-漫画ネタバレ
-, , ,

Copyright© どりまん , 2020 All Rights Reserved.