漫画ネタバレ

『ちはやふる』 第228話のネタバレ&最新話。試合を身近に感じる田丸

『ちはやふる』 は末次由紀先生の漫画で、BELOVEにて連載中です。



『ちはやふる』 前話(227)話のあらすじは・・・
3戦目の読手は40年のベテランの九頭龍でした。
その読みは日本で一番発声のコントロールが出来る読みだったのです。
勝たなければという意識が消えた千早は一枚目の札を取ります。
読手が交代し、勢いを増した千早に会場はわきたちます。

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

『ちはやふる』 第228話のネタバレ&最新話。

試合を身近に感じる田丸

大盤係である田丸はなかなか着替えが終わらず、菫は札を整理するのに戸惑っていました。
やっと出てきた田丸はこころと共に会場に向かいます。
あなたもここに来るんでしょう?かつてそう言われたクィーン戦の行われている部屋に足を踏み入れると部屋の緊張感にのまれてしまいます。
千早の視線に怯える田丸。
札を並べようとしますが、息が上手くできず、札を並べるのに手間取ってしまいます。
戻ってきた奏は田丸がなぜか大盤係を代わると言い出したと菫に言います。
札を並べた田丸は千早と詩暢の思考が手に取るようにわかります。

千早と周防の攻撃

そして続く試合でしたが、詩暢が取ると次は千早が取るといった具合で一歩も譲らない状態が続いていました。
詩暢は九頭龍の読みで早く動けている千早に違和感を感じていました。
田丸は熱線を繰り広げる千早と詩暢を見て、自分がこの場に立てたとしてもこの二人がいる時期と重なってしまう、無理だという思いが浮かんでしまいます。
一方、周防と新の試合は新がまだ一枚も取れないという周防の圧倒的な試合展開になっていました。
九頭龍はかつて読みを録音させて下さいと訪ねてきた周防のことを思い出していました。
あの変わり者の青年が名人になっていたなんてと驚く九頭龍。
次の札で、まるでわかっていたかのように札を取る千早と周防。
この二人は事前に九頭龍の読みを覚えていたのです。

一方の新の試合は…

田丸は奏に言われたことを思い出していました。
千早の夢は「かるたの強豪、瑞沢高校」。
だからこそ後輩に熱意を伝えたいと田丸を大盤係に選んだのです。
一番近くで試合を見るのだと田丸は決意します。
19-18でクィーン戦は互角の戦いが続いていました。
一方、追い詰められる新。
まずは一枚と囲い手を破り、奪取します。
その後周防の目に異変が起こります。
視野が狭くなり、外側の札が見えなくなっていたのです。
札を内側に寄せる周防。
新はやはり目が悪いのだと確信します。
周防にもプライドがあり、こんなことはしたくはなかったのですが、親より大事な人が見に来ているのです。
名人位がほしいのは僕の方だと思いを強くする周防。

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

 

『ちはやふる』 第229話のネタバレ

ComingSoon

『ちはやふる』 第228話のまとめ

今回は『ちはやふる』 の第228話のネタバレ&最新話。をお送りしました。

漫画を読むならeBookJapan【背表紙が見やすい!】

eBOOKJapan背表紙

まるで本屋で本を捜すように背表紙で本を探せますよ。やっぱりビジュアルって大事!

登録無料で月額料金不要。しかも登録するだけで半額クーポンが貰える。

eBookJapanで読んでみる

▲無料登録で半額クーポンGET!▲

※キャンペーンは変更されている可能性があります。詳しくは上記から公式をご確認ください。

-漫画ネタバレ
-, , ,

Copyright© どりまん , 2020 All Rights Reserved.