漫画ネタバレ

『ダークギャザリング』第15話のネタバレ&最新話。H城址の霊は呪物で狂っていた

『ダークギャザリング』は近藤憲一先生の漫画で、ジャンプSQにて連載中です。



『ダークギャザリング』前話(14)話のあらすじは・・・
夜宵の首吊り遺体は偽物だった。現れた本物の夜宵は螢多朗を助け、この間誕生した卒業生『邪経文大僧正』が放つ経文によりH城址の霊体は崩壊、女の霊を捕まえる事に成功。だが今度は螢多朗の口から経文が発せられる...。

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

『ダークギャザリング』第15話のネタバレ&最新話。

大僧正をなんとか封印

―――螢多朗の口が勝手に呪いの経文を唱えている―――

まずい…! 自分の声は骨伝導で勝手に耳に入ってしまう。
夜宵は即座に螢多朗の喉に手を突っ込み、嘔吐させると共に霊的攻撃で螢多朗の脳を刺激し、人形を通じて大僧正も停止させる。

小動物や中型動物への経文の有効時間から、経文を追加で20秒聞く前に大僧正を封印しないといけない。
大僧正が意識を取り戻し、再び経文が始まる。
螢多朗は大僧正の人形を縄で縛り、袋に閉じ込め、さらにその上から黒縄と鎖を巻き、南京錠でロックをかける…。

ギリギリ20秒に間に合った。あと1秒聞いていたら2人共…。
これで一件落着だ。

H城址の霊は呪物で狂っていただけだった

―――と、夜宵はH城址の霊を封印した人形から霊気の糸が伸びているのを見つける。
辿っていくと、先ほどの滝に到着。滝を探ると、滝の中に箱があり、中身はミイラ化した手の呪物だった。
そこにあの霊も現れ、憎しみに満ちた顔をする。霊気の糸を切ってやると、女の霊はあのおどろおどろしい闇の雰囲気が消滅し、元の色白な姿に戻る。

どうやらH城址の霊はこの呪物のせいで狂っていただけのようだ。
記憶の伝承を望みながら、伝承するはずの人間を犠牲者にしているという矛盾…。狂っていたなら辻褄が合う。
さらには、大僧正が成仏させた霊たちはこの女の霊が分霊した肉体の一部。『個人』単位では誰も地獄には行っていないのだ。

それから夜宵はお札を破き、あの老婆を解放。老婆は分霊ではなかったので逃げ出した。
悪霊化に巻き込まれただけだろう…。
問題はこの呪物だ。ここの霊を意図的に狂わせようとした人物がいる。もうH城址の霊が同じ目に合わぬよう、捕まえたH城址の霊の入った人形を別の場所に安置することに…。

―――離れた所に人形を埋める。これで安心だ。
夜宵は改めて螢多朗に礼を言う。螢多朗の呼ぶ声が無かったらやられていただろう。
ふと、螢多朗にお化け集めは辞めたくなったかと問う。確かに螢多朗は怖い思いをした。しかし同時に夜宵がかけがえのない大切な仲間だと気付いたのだ。
夜宵が辞めないなら、自分も側で彼女の力になるのみだ。絶対に失わないように。

―――帰り支度をする2人。
H城址の霊は助けてくれたお礼に、困った時に呼べば駆け付けると言う。

詠子の闇、そして暗躍する謎の2人組

―――翌日、正午過ぎ。
詠子はのけ者にされたとむす暮れていたが、夜宵がもっと怖い所に連れていくと言ったら機嫌を直してくれた。
次の行先は、東京都青梅市―――『旧Fトンネル』。
またランクSだ…!!

―――それから勉強も終わり、詠子と2人きりになる螢多朗。
すると、H城址の話になり………
「とっても楽しめたんだねぇ」
……詠子が心の闇を全開にして螢多朗に寄り添う。

詠子曰く、螢多朗は夜宵を守りたいだけでなく、『恐怖』そのものに惹かれているとの事。
命の危機から脱した時の強烈な甘美……自覚し始めているんでしょう…?
しかし、当然それだけでなく、自分たちの呪いを解くためという目的もあるから自分を否定しなくていい。
「ずーーっとそばで支えてるからね」
螢多朗は、以前の詠子の言葉『あなたは恐怖を愛している』を否定できなかった…。

―――数時間後、H城址の滝。
そこにスーツを着た若者と、車椅子に乗ったミイラのような老人がいた。
やはり腕は無くなっている。
若者はあの老婆の顔面を水に沈め、言い付けを守れなかった罰を与えていた。
戦国時代のコスプレをさせ、見張りをお願いしたホームレスの霊だったらしい。

謝罪を求めても喋れなかったので、とうとう首を飛ばして成仏させる。
何か聞き出す前にそれをするんは軽率だと老人は言うが、言葉が通じない霊が嫌いなのだそうだ。

「聖職者の欠点ですね」
「…お前だけだ」

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

『ダークギャザリング』第15話の感想

なんとか大僧正を停止させることに成功したようです。
助かりましたね……(´▽`) ホッ

あのH城址の霊は何かあったら夜宵たちに力を貸してくれると約束してくれました。
これで何かあった時に心強いでしょう。
白い神に苦戦している時に逆転するキッカケになってくれるかもしれませんね。

……それにしても。
詠子の闇は相当深いですね…。
詠子は螢多朗が『恐怖』、そして『危機からの生還によって齎される快感』に惹かれていると言います。
既に螢多朗は長く『恐怖』と『生還』に晒され、いつのまにかそれが日常になっていますね。だから無意識にそれを求めてしまうようになっているのでしょう…。

ギャンブル漫画『カイジ』の宿敵・兵藤もこう言っています。
『死の際の生は苦しくとも充実し・・・・また死地(そこ)からの生還はこの世のものと思えぬほど甘美・・・・・・・・・・・・!圧倒的至福だっ・・・・・・!』
……やはり螢多朗は恐怖に惹かれているのでしょう。

―――そしてラスト。
怪しげな2人組が登場しました。
彼らも何らかの目的があってH城址で仕込みをしていたようです。
彼らは夜宵たちのライバルになるのでしょうか?
彼らの目的な一体…!? まさか、彼らも空亡か白い神を狙っているのでしょうか?

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

『ダークギャザリング』第16話のネタバレ

ComingSoon

『ダークギャザリング』第15話のまとめ

今回は『ダークギャザリング』の第15話のネタバレ&最新話。をお送りしました。

漫画を読むならeBookJapan【背表紙が見やすい!】

eBOOKJapan背表紙

まるで本屋で本を捜すように背表紙で本を探せますよ。やっぱりビジュアルって大事!

登録無料で月額料金不要。しかも登録するだけで半額クーポンが貰える。

eBookJapanで読んでみる

▲無料登録で半額クーポンGET!▲

※キャンペーンは変更されている可能性があります。詳しくは上記から公式をご確認ください。

-漫画ネタバレ
-, ,

Copyright© どりまん , 2020 All Rights Reserved.