漫画ネタバレ

『フラレガール』 第36話のネタバレ&最新話。記憶喪失の響

『フラレガール』 は堤 翔先生の漫画で、花とゆめにて連載中です。



『フラレガール』 前話(35)話のあらすじは・・・
卒業旅行で友達と温泉街の老舗宿に来た響と大地。豆子の提案で思い出作りに映画撮影を行う事に。殺人事件の唯一の目撃者が記憶喪失で、幽霊も出て来て、探偵が事件の謎を解き明かす、というちょっと詰め込んだ台本。実は元ネタがあり近くで実際に事件が起きたとの噂だった。浴衣に着替える時、大地の陥没乳首を知ると共にはだけた胸元に顔を赤らめる響。その後温泉街で湯巡りと食べ歩きを楽しむ中、路肩の看板に強く頭をぶつけてしまった響は記憶喪失に!だが映画の役柄が記憶喪失の少女だった為、皆『役になりきってる』と気付かない。胸元を見ても何の反応もなく、大地の事を“探偵さん”と呼び、カメラが回ってない所でも記憶喪失状態を見せる響。本当に記憶を失ってると気づいた大地は…!?

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

『フラレガール』 第36話のネタバレ&最新話。

記憶喪失の響

大地が友達に説明し、役作りではなく本当に記憶を失っている事を皆が知る。
豆子は一部始終をきちんと説明し、事件も映画制作だった事を告げ、響自身は事件とやらに無関係だと伝える。

記憶は大丈夫かと皆が心配する中、豆子はあくびをしながら『突然失くしたなら突然戻るんじゃない?』と呑気だ。

心配そうに見つめる大地と響の目が合う。
大地は少し視線を逸らした。
その事に、響の胸が痛む。
その痛みが何かは、分からなかった。

大地の告白、響は記憶を失くす前の自分へ嫉妬を覚えて…

深夜1時半。
眠れない響は旅館の中を歩いていた。
灯りがついていて、昼間は見かけなかった所に温泉を見つける。

中から音がし、入っていいかなと思った響は浴衣を脱いで温泉に入った。
薄暗い露天風呂に浸かると、目の前に大地が浸かっていて驚く2人。
真っ赤な顔で、慌てて出ようとした大地の手を取り、響は記憶を失くす前の自分の事を聞いた。
大地の語る響はもはや尊くて、記憶を失くしている今の響はハードルが高すぎると驚く。

昔を思い出しながら、告白した時のことを話す大地。
「はじめまして。俺、青山大地っていいます。赤坂響さん。君のことが好きです。
…って言いたかったんだけど、間違えて愛人て呼んじゃって」
大地は懐かしそうに笑う。
そして、無理しなくていいと言った。

…付き合ってたけど、思い出せないなら無理に一緒にいなくていい。
知らない奴に『彼氏です』って言われても戸惑うよね。

響は、どことなく寂しい気持ちになりながら、自分の中にあるかもしれない、記憶を失う前の赤坂響に胸の中で話しかける。

…いいな。
豆子の呑気な様子も、深刻にならないよう気遣ってくれている。
大地も、思い出せない事を責めないでくれる。
…随分と、優しい人達に囲まれてたんですね。
あなたは、どれだけ素晴らしい人だったのか。
でも、今ここにいるのは“私”なのに。
好かれてるのは、忘れる前の自分。
さっきの告白も、私のものじゃない。
…どうしてこんなに苦しいんだろう。
前の自分みたいになったら、もう一度、好きになってくれるのかな…

幽霊!?人間!?

響が人知れず胸を痛めていたその時。
突然岩の影から着物を着た人が立ち上がった。
他に人がいたと知らなかったと謝って、出ようとした時、その女性の手に包丁を見つけて大地と響は固まる。
蒼ざめた響の前に、響を守ろうと立ち上がり背中を見せる大地。
自分が女性の手首を抑えるからその隙に逃げるように小声で言う。
響は大地の手が震えているのに気付いた。

その勇気は誰を守るために?

「…前の私のこと、好きだったから?」
「どっちも赤坂さんだよ」

黒髪を振り乱した女性は大地を見ると、小さく呟く。
「…あら…あの人も、陥没乳首だったわ…」

響は“何か”を感じた。

そこへ、小さなお婆ちゃんが来て、女性を“若女将”と呼び、話を聞く。
そして包丁を手から取ると、大地と響の方へ向き直り、この件は他言無用だと釘を刺した。
その恐ろしい迫力に、2人は無言で何度も頷く。

…幽霊の正体は、恋に溺れた人間だった。

響の記憶が戻った!!

残された2人。
響は大地に駆け寄って、大丈夫か聞く。
守ってくれてありがとうと礼を言う響。
その話し方や距離感に、大地は響の記憶が戻っていることに気付いた。
いつ、キッカケは何かと聞く大地に、恥ずかしそうに響は『“陥没乳首”って言うワードで…』と答える。
驚きと同時に気が抜けた大地だが、とにかく戻って良かったと笑う。
タオルを取りに行こうとした大地の背中に、響は抱きついた。
言葉にならず真っ赤になる大地。

響は絞り出すように『…怖かった…』と呟く。
脳裏に“思い出せないなら無理に一緒にいなくていい”と言った大地の言葉が蘇る。

「あのまま、思い出せずにいたら…全部、諦めてた?今までの事も、…私の事も」

「そんなわけないだろ」
大地は響を引き寄せる。
パシャンと、水音が鳴った。

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

 

『フラレガール』 第37話のネタバレ

『フラレガール』 第37話のネタバレ&最新話。響の混乱と不安・ヤキモチ

『フラレガール』 は堤 翔先生の漫画で、花とゆめにて連載中です。 『フラレガール』 前話(36)話のあらすじは・・・ 豆子やごっちと卒業旅行に来た響と大地。響は頭をぶつけて記憶を失くしてしまう。夜中に ...

続きを見る

『フラレガール』 第36話のまとめ

今回は『フラレガール』 の第36話のネタバレ&最新話。をお送りしました。

漫画を読むならeBookJapan【背表紙が見やすい!】

eBOOKJapan背表紙

まるで本屋で本を捜すように背表紙で本を探せますよ。やっぱりビジュアルって大事!

登録無料で月額料金不要。しかも登録するだけで半額クーポンが貰える。

eBookJapanで読んでみる

▲無料登録で半額クーポンGET!▲

※キャンペーンは変更されている可能性があります。詳しくは上記から公式をご確認ください。

-漫画ネタバレ
-, ,

Copyright© どりまん , 2020 All Rights Reserved.