漫画ネタバレ

『ゴールデンカムイ』 第234話のネタバレ&最新話。海賊房太郎が、杉元たちが乗る船を襲おうと

『ゴールデンカムイ』 は野田サトル先生の漫画で、ヤングジャンプにて連載中です。



『ゴールデンカムイ』 前話(233)話のあらすじは・・・
入れ墨があるという飴売りの男を探しに、杉元たちは歌志内の炭鉱の町を訪れる。飴売りを見つけ服を脱がそうとするが、逆に通報されてしまい慌てて逃げる。
次に会った飴売りの男は、変な入れ墨があったものの、自分で彫ったものだという。脱獄囚ではないと判断した杉元たちだったが、アシリパはその男が「金塊」という言葉を口にするのを聞いた。
一方、海賊房太郎はアイヌが大昔に隠した埋蔵金の在り処を知るという老人のもとを訪れていた。

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

『ゴールデンカムイ』 第234話のネタバレ&最新話。

白石は、江別まで行くのに船で川を下っていくことを提案する

白石は、石狩川を船で下って江別まで行くことを提案する。
陸路は雪解けでぬかるんでおり、船で渡れば時間も体力も奪われずにすむからだ。
石狩川は、樺戸監獄へ物資を送るために舟運が発達しているため整備されている。
アシリパは乗るのが初めてだからか難色を示したが、3人は外輪式蒸気船へ乗って先を進んでいく。
その後ろを、ズキンをかぶったヴァシリが小舟に乗って着いてくる。
汽船には乗らずに、馬と一緒に小舟に乗ってくるのは、杉元たちから距離をおくことで、尾形がアシリパの前に現れるのを待っているためだ。
船の中の乗客たちは、それぞれご飯を食べたり雑談をしたり、思い思いに過ごしていた。
アシリパは船の中で寝てしまう。

海賊房太郎が、杉元たちが乗る船を襲おうと待ち構えていた

しばらく船が進んでいくと、船の乗組員たちがこちらに向かってくる二艘の小舟の存在に気が付いた。
小舟には海賊房太郎とその仲間たちが乗船しており、出発前にひと仕事おこなおうと企んでいる。
船員たちは、この船が石狩川で船を襲っているという噂の船ではないかと疑う。
小舟に乗った男、海賊が腰に銃をさしていることからも間違いないと確信する。
乗客の金品や現金書留を狙って、この汽船を襲うつもりである。
船長は「蹴散らしてやる!」と強気な様子で、船の操縦を巧みに操った。
轟音を上げて迂回した汽船は、海賊の仲間が乗る小舟に突進していく。
海賊の仲間は、目の前に迫ってくる汽船に驚いた。
汽船は、海賊の仲間が乗った小舟にぶつかる。
小舟に乗った男たちは、衝撃で海へと落ちていった。

杉元たちも海賊房太郎の仲間であると疑われてしまう

騒がしい音から、杉元はようやく外で何かが起こっていることに気が付く。
2階に上っていた白石は、はしごから降りてくると、汽船が船とぶつかったことを伝えた。
「かかってこい!」
船長は海賊に向かって強気な態度で笑い声をあげ、船員の一人はとんかちをかざし、海賊に向かって声を張り上げる。
海賊は笑みを浮かべたまま、衣服を脱いで海に飛び込んだ。
水から頭を出した瞬間に攻撃しようと、船員は海賊が顔を出すのを待つ。
しかし、海賊は船の下へ泳いでもぐると、足の力を使って垂直に飛び上がり、反対側の船の中へと降り立った。
水にぬれた銃に息をふきかけると、海賊は銃を船員たちに向け、船を止めるように指示する。
そこへ、様子を見に来た白石と杉元が海賊の姿を目にした。
「ん?」
海賊と白石はお互いの姿を認めると、白石は冷や汗をかく、海賊は明るく声をかけてきた。
海賊が知り合いのように接するため、杉元たちも海賊の仲間だと船員に勘違いされて、襲われそうになってしまう。
海賊が銃を向けたのが見えた杉元は、とっさに襲いかかってくる船員を海へ投げた。
そのとき兵隊が乗った船が、杉元たちの乗る汽船に近づいてきていた。
騒がしい音から、杉元はようやく外で何かが起こっていることに気が付く。
2階に上っていた白石は、はしごから降りてくると、汽船が船とぶつかったことを伝えた。
「かかってこい!」
船長は海賊に向かって強気な態度で笑い声をあげ、船員の一人はとんかちをかざし、海賊に向かって声を張り上げる。
海賊は笑みを浮かべたまま、衣服を脱いで海に飛び込んだ。
水から頭を出した瞬間に攻撃しようと、船員は海賊が顔を出すのを待つ。
しかし、海賊は船の下へ泳いでもぐると、足の力を使って垂直に飛び上がり、反対側の船の中へと降り立った。
水にぬれた銃に息をふきかけると、海賊は銃を船員たちに向け、船を止めるように指示する。
そこへ、様子を見に来た白石と杉元が海賊の姿を目にした。
「ん?」
海賊と白石はお互いの姿を認めると、白石は冷や汗をかく、海賊は明るく声をかけてきた。
海賊が知り合いのように接するため、杉元たちも海賊の仲間だと船員に勘違いされて、襲われそうになってしまう。
海賊が銃を向けたのが見えた杉元は、とっさに襲いかかってくる船員を海へ投げた。
そのとき兵隊が乗った船が、杉元たちの乗る汽船に近づいてきていた。

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

『ゴールデンカムイ』 第235話のネタバレ

『ゴールデンカムイ』 第235話のネタバレ&最新話。杉元と白石は入れ墨の暗号が・・

『ゴールデンカムイ』 は野田サトル先生の漫画で、ヤングジャンプにて連載中です。 『ゴールデンカムイ』 前話(234)話のあらすじは・・・ "杉元たちは、石狩川を船で下って江別まで行くことになった。しか ...

続きを見る

『ゴールデンカムイ』 第234話のまとめ

今回は『ゴールデンカムイ』 の第234話のネタバレ&最新話。をお送りしました。

漫画を読むならeBookJapan【背表紙が見やすい!】

eBOOKJapan背表紙

まるで本屋で本を捜すように背表紙で本を探せますよ。やっぱりビジュアルって大事!

登録無料で月額料金不要。しかも登録するだけで半額クーポンが貰える。

eBookJapanで読んでみる

▲無料登録で半額クーポンGET!▲

※キャンペーンは変更されている可能性があります。詳しくは上記から公式をご確認ください。

-漫画ネタバレ
-, ,

Copyright© どりまん , 2020 All Rights Reserved.