漫画ネタバレ

『ゴブリンスレイヤー』第46話のネタバレ&最新話。自分も行くと言う令嬢

『ゴブリンスレイヤー』は原作:蝸牛くも先生、作画:黒瀬浩介先生、キャラクター原案:神奈月昇先生の漫画で、月刊ビッグガンガンにて連載中です。



『ゴブリンスレイヤー』前話(45)話のあらすじは・・・
食料を得る事は叶わず帰路を行く令嬢。だがテントで休憩していた所をゴブリンに急襲される。仲間は無残にころされており、戦おうとした彼女だが敵わずやられる…。目を覚ますと、ゴブリンスレイヤーの家に保護されていた…。

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

『ゴブリンスレイヤー』第46話のネタバレ&最新話。

なんと声をかけたらいいのやら…

「…ゴブリン」
「ああ、ゴブリンだ」
令嬢は皆はどうなったかと問うと、ゴブリンスレイヤーは非情にも「タヒんだ」と答える。
一方でゴブリンスレイヤーもいくつか聞きたい事があり、質問をする。
その中で兵糧攻めをしようとしたが上手く行かなかった事を聞き出す。ゴブリンスレイヤーはそれを責めるでもなく「そういう事もあるだろう」とだけ言う…。
最後に彼がゴブリンスレイヤーだという事を確認し、彼は部屋を出る…。

……仲間は令嬢が目を覚ました事を聞く。
エルフは一人にしておいていいのかと聞くが、そんなもの分からない。上っ面の慰め言葉をかければいいというのか…。
「……だとしても……言い方ってものがあるでしょ」
それは最もだが…。
ゴブリンスレイヤーはエルフの矢を受けた怪我が治った事を確認。
さらにリザードマンやドワーフから物資や薬草の調達ができた事も聞く。

邪教徒に成りすまして敵地に潜入…?

さて、これからについてだが…。

ゴブリンスレイヤーはゴブリンを叩くつもりだ。
あの洞窟は実はゴブリンたちの住居ではなかった。礼拝堂に一時的にいただけであり、寝床や貯蔵庫などといったものは確認できなかったから。
地元民曰く、さらに登った高台に古代の遺跡があるそうだ。恐らくそこが本拠地だろう。

なお、鉱人砦であり、ドワーフ曰く正面立って攻めるのは得策ではない。
ガソリンで放火するのも燃えが悪くイマイチだろう。
……すると女神官は中からはどうかと聞く。リザードマン曰くこれなら得策との事。

「潜入ね!!」
エルフはとびっきりの笑顔で言う。まるで冒険らしくなってきたではないか!!
ただしゴブリンスレイヤーは潜入とはちょっと違うらしい。そして彼は問う…。
「偽装は教義に反するか?」
それは時と場合によるだろう。せっかくゴブリン達が邪教徒という手がかりを残してくれたのだから、乗っからない手はない。

……そう、邪教徒になって潜入するのだ!!
それを聞いた途端、リザードマンのテンションにも火が着く。
リザードマン自身は『邪教に仕える竜人』、ゴブリンスレイヤーは『その従者たる戦士』、ドワーフが『鉱人の傭兵』…。
エルフも悪乗りして「じゃあ私は闇人(ダークエルフ)ってとこね!」と宣言。女神官と共に体に墨を塗らないと…。

改めて、奴らはゴブリンスレイヤーの知恵を模倣した。
恐らくその聖騎士が知恵者だろう。その上36匹から手下を使いつぶせるなら、奴らの領域で多勢を相手取る事になる。
入り込めさえすればどうにかなりそうだが………

自分も行くと言う令嬢

と、令嬢が入室してくる。彼女も一緒に同行したいと申し出る……。
「駄目よ」とエルフは断る。親御さんの依頼で助けに来たのに、また命を晒すのか?
だが彼女は取り戻すんだ……と言う。そう、喪ったもの全てを…!!

「わからなくもない」
ゴブリンスレイヤーは言う。リザードマンも賛同、誉れなき竜はもはや竜に非ずだ。
ドワーフも援助までが依頼であり、それ以降は自己責任だと言う。結局タヒぬ可能性があるのはエルフもドワーフも令嬢も同じだ。

なんと女神官まで賛成だ。そうでないと救われないだろう…!
ゴブリンスレイヤーは頼みがあるならするべき事があるはずだ…と言う。
すると―――…

ブツン

なんと令嬢はナイフで自分の髪を切り落とし、短髪にした。これで報酬前払いだ。
ここまで覚悟を見せられたら、もうエルフも止めようとしなかった。
「よし、ならばゴブリン退治だ」

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

『ゴブリンスレイヤー』第46話の感想

ゴブリンスレイヤーが令嬢に慰めのような言葉をかけなかったのは、かえって正解だったと思います。
令嬢は完全に心が折れたわけではないし、仲間をタヒなせてしまった責に苛まされています。
そんな者に上っ面の言葉などかけても傷つけるだけでしょう。
令嬢としても余計な突っ込みなど入れて欲しくはないだろうし、ただ質問に徹したゴブリンスレイヤーは個人的にナイスだと思います。
(同じくゴブリンに奪われた者としてその気持ちがよく理解できるのでしょう…)

そしてゴブリンスレイヤー達はなんと邪教徒に偽装して潜入するつもりのようです。
恐らく遺跡に邪教徒の集団がおり、そこに邪教徒に扮したゴブリンスレイヤー達が潜入、破壊工作を企てるのでしょう。
もしかしたら一度捕まった令嬢は邪教に対して何か有益な情報を持っているかもしれません。
そうなると心強いですね…!!

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

『ゴブリンスレイヤー』第47話のネタバレ

『ゴブリンスレイヤー』第47話のネタバレ&最新話。戦利品となるエルフ・女神官・令嬢

『ゴブリンスレイヤー』は原作:蝸牛くも先生、作画:黒瀬浩介先生、キャラクター原案:神奈月昇先生の漫画で、月刊ビッグガンガンにて連載中です。 『ゴブリンスレイヤー』前話(46)話のあらすじは・・・ ゴブ ...

続きを見る

『ゴブリンスレイヤー』第46話のまとめ

今回は『ゴブリンスレイヤー』の第46話のネタバレ&最新話。をお送りしました。

漫画を読むならeBookJapan【背表紙が見やすい!】

eBOOKJapan背表紙

まるで本屋で本を捜すように背表紙で本を探せますよ。やっぱりビジュアルって大事!

登録無料で月額料金不要。しかも登録するだけで半額クーポンが貰える。

eBookJapanで読んでみる

▲無料登録で半額クーポンGET!▲

※キャンペーンは変更されている可能性があります。詳しくは上記から公式をご確認ください。

-漫画ネタバレ
-, ,

Copyright© どりまん , 2020 All Rights Reserved.