漫画ネタバレ

『彼岸島 48日後…』第230話のネタバレ&最新話。間近で見る蟲の王

『彼岸島 48日後…』は松本光司はヤングマガジンに連載されている漫画です。

『彼岸島 48日後…』前話(229話)のあらすじは・・・

『彼岸島 48日後…』第229話のネタバレ&最新話。現れた巨大な蟲の王

『彼岸島 48日後…』は松本光司はヤングマガジンに連載されている漫画です。 『彼岸島 48日後…』前話(228話)のあらすじは・・・ 明が捕まえたのは第一師団普通科連隊の小隊長。どうやら侵入者は全員こ ...

続きを見る

連隊長は三か月前に蟲の王と戦った時の事を話す……。一個中隊で国会奪還を狙ったものの、爆弾型吸血鬼に戦車は破壊され、さらに人間の体内に侵入して悍ましい化け物に変異させる羽虫によって全滅。

連隊長はこの事を伝えようと逃走するものの、右目から侵入する羽虫を途中で引き抜いたにも関わらず肉体に変異が起きて今のような姿に…。何とか瓦礫の下に逃げ込んだ彼の近くに、まるで巨大なカタツムリの邪鬼のようにも見える雅の4男『蟲の王』が現れた……。

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

『彼岸島 48日後…』第230話のネタバレ&最新話。

間近で見る蟲の王

―――連隊長は瓦礫の間から見ていた。

…あれが、蟲の王。

夢か幻か、その姿はまるで巨大なカタツムリ。

4男なはずなのに、なぜか頭頂部にある巨大な女性の顔。

そして変異した部下たちは「蟲ノ王様……」と彼を慕っている。

…連隊長はあの寄生する虫が蟲の王から発生しているのを見る。

―――なんとしても生き延び、コイツらの事を伝えなければ…。

連隊長は願う。なんとか自分に気付かずに通り過ぎてくれと…!!

果たして……

……蟲の王は連隊長のいる辺りを通る。

流石の連隊長も気付かれるかもしれないという恐怖で小さな悲鳴をあげる。

そして蟲の王は―――彼に目もくれずそのまま通り過ぎて行った。

地下の巨大な巣穴

―――以下の事を連隊長は話した。

由香は雅の『息子』なのになぜ女性の顔があるのかと気になるが、鮫島はエテ公の例を出してそんな事もありえると言う。

一方ネズミは、アマルガムなのに邪鬼のような見た目である事が不気味極まりないと気になるようだ。

…しかも、邪鬼なのは見た目だけ。吸血鬼の頃の知能・知性は健在である。

そして人間や吸血鬼を変異させる虫を放出―――

ネズミは「行きたくないィ!!」と叫ぶ。無理もない…。

否、行きたくないのではなく行きたくても侵入手段がない。爆弾型吸血鬼がいるからだ。

―――そこで、連隊長はその後見たものについて話す。

蟲の王は連隊長から大分離れた場所を歩いている。

助かった……

ヒュッ

「!!」

……なんと、蟲の王は地面に落ちたたかと思うと姿を消してしまった。

一体何が起きたのか、連隊長は思い切って体を捩らせて見に行く。

「!!」

……そこには、巨大な穴が開いていた。

蟲の王討伐作戦

―――その後自衛隊たちは2日後に連隊長を救出。

穴について調べるべく、多大な犠牲者を出しながら調査をした。

その結果判明したのは、あれが奴らのトンネルであり、本拠地である国会に繋がっているという事。

さらには生活も地中で行っており、国会の下に蟻の巣穴のようなトンネルを張り巡らせている。

―――さらに数十人もの犠牲を払う事で、巣穴の全体をある程度把握する事ができた。

十条に作戦を話してもらう…。

まず、奴らの出入り口である巨大な穴は他に2つ発見された。

その穴を最初に爆破して塞いだら、残った穴から一斉攻撃である。

異形の者を排除しながら国会に到着、国会内も外も一掃して完全制覇。

―――彼ら自衛隊は亡くなった同胞のためにもタヒを厭わずに完遂しなければならない。

ネズミはそんなの無茶だと言う。

明にやめようよと言うが……。

明「いい作戦だ、それでいこう」

『彼岸島 48日後…』第230話の感想

―――蟲の王たちは地下で暮らしていたようですね。

あの大きさで国会議事堂に収まるかは疑問でしたが、それなら納得です。

まるで蟻か何かのようですね…。

―――それにしてもなぜ蟲の王はあのような姿なのでしょうか。

アマルガムらしからぬ邪鬼のような姿、そして男性のはずなのに女性の顔…。

まとめサイトの感想を見た所、もしかしたらアマルガムから邪鬼に変異してしまったのではないのかという考察がありました。

……確か師匠もアマルガムだったのに血液を摂取せずに邪鬼となったはずです。

『彼岸島 48日後…』次話(231話)以降の予想

―――蟲の王も師匠と同じく邪鬼になったという線もあるかもしれません。

……が、ここまで今話内で言及されているとなると、そうではないかもしれません。

あれもあれでアマルガムとしての新しい姿なのかもしれません…。

―――ちなみに作戦ですが、果たして出口を1つだけにして大丈夫でしょうか。

敵の逃げ場は塞がりますが、それは当然明たちもそうなるという事です。

…最も、連隊長たちはどんな犠牲を払ってでも叩くつもりですし、敵に逃亡されたり援軍を呼ばれるといった事態は防げると思います。

―――果たして明は蟲の王を討ち取る事が出来るでしょうか。

そして、雅と接触する事は叶うのか…!?

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

『彼岸島 48日後…』第231話のネタバレ&最新話!

『彼岸島 48日後…』第231話のネタバレ&最新話。明に頭を下げる十条

『彼岸島 48日後…』は松本光司はヤングマガジンに連載されている漫画です。 『彼岸島 48日後…』前話(230話)のあらすじは・・・ 蟲の王は連隊長を素通りし、ある程度離れた場所で突如消失。見に行った ...

続きを見る

『彼岸島 48日後…』まとめ

今回は『彼岸島 48日後…』第230話のネタバレ&最新話!をお送りしました!

漫画を読むならeBookJapan【背表紙が見やすい!】

eBOOKJapan背表紙

まるで本屋で本を捜すように背表紙で本を探せますよ。やっぱりビジュアルって大事!

登録無料で月額料金不要。しかも登録するだけで半額クーポンが貰える。

eBookJapanで読んでみる

▲無料登録で半額クーポンGET!▲

※キャンペーンは変更されている可能性があります。詳しくは上記から公式をご確認ください。

-漫画ネタバレ
-, ,

Copyright© どりまん , 2020 All Rights Reserved.