漫画ネタバレ

『ひなたのブルー』第12話のネタバレ&最新話。百合沢の秘密を知るなる

『ひなたのブルー』は目黒あむ先生の漫画で、別冊マーガレットにて連載中です。



『ひなたのブルー』前話(11)話のあらすじは・・・
生徒会の合宿が始まる。合宿中、ぐいぐいと空に近付く百合沢に動揺し焦り始める、なる。肝試しをすることになり男女ペアで周ることに。百合沢の存在に焦ったなるは、空と一緒にペアになりたい、とみんなの前で言い、ペアは成立。

肝試しの中で空の意外な姿にときめくなる。そしてなるは、空の“特別”になりたいと自覚するのだった。


無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

『ひなたのブルー』第12話のネタバレ&最新話。

夜の気遣いに気づくなる

肝試しが終わり、女子と男子に分かれてお風呂に入ることに。
空から、俺が怖がりなことはふたりだけの秘密にしてね、と耳打ちされたなる。
“ふたりだけの秘密”ということになるは嬉しくなる。
百合沢が積極的に空に話しかけるのを見て、なるは自分ももっと積極的に頑張ろう、とい意気込む。
そんななるに夜は話しかける。
ペア決めの際になるが自分から率先して空を誘ったことについて、“やればできるじゃないか”と褒める。
ペア決めの際になるが空とペアがいいと言ったあと、夜は百合沢を無理やり連れて行ったが、あれは気を遣ってくれたのだろうか、と思うなるだった。

百合沢の秘密を知るなる

夜は空と二人になった時に、空に“なるが好きならあまり勘違いされるような行動は取るな”と忠告をする。
百合沢から誘っているとはいえ百合沢と一緒にいる空の姿を見てなるがどう思うか、と話すと空はそれに気づき青ざめる。
空は夜にお礼を言う。
いつもなんだかんだ言いつつこうやってアドバイスをくれたり、肝試しの時も気を遣ってくれた、夜は優しい、昔からずっと夜に救われてる、と空は微笑みながら夜に伝える。
夜は照れて顔を赤くなるのだった。
一方、お風呂から出たなると百合沢も二人でいたが、これといった話もしないまま、百合沢は先に行ってしまった。
お風呂上りも綺麗な百合沢と自分を比べて卑屈になりかけるなるだったが、“私なんか”とかそういうのはもうやめないと、と自分に活を入れる。
そんな卑下してばかりの自分だと空から特別に想ってもらえない、と考えたからだった。
なるが部屋を出ようとしたところ、百合沢が忘れて行ったノートを見つける。
それを拾い上げると、そこには空の情報が沢山書かれてあった。
だがそのノートには、“脱力系溺愛攻め”や、“尊い”、“嫁”など、なるには理解できない言葉が綴られていた。
するとそこに忘れたノートに気づいた百合沢が戻ってきた。
ノートをなるが手に持っていることに気づき、百合沢は驚き、急いでノートを取り上げる百合沢。
中見た!?、と慌ててなるに聞く。
少しだけ…と正直に答えたなるに、真っ赤になる百合沢。
なるが謝ると、百合沢は“引いたよね”と呟くが、“全然!”と答えるなる。
なるは百合沢が空のことが好きだと思っているため、好きな人の事はたくさん知りたいですもんね、と共感し、だから引いたりなんてしない、とフォローを入れる。
百合沢はなるの言葉を遮り、なるに、空のことが好きなの?、と聞く。
認める、なる。
なるは、私“も”空の事が大好き、と答えた。
それを聞き、違う、と答え、謝る百合沢。
ポカンとするなるに、百合沢は、自分は“腐女子”だ、と明かすのだった。
腐女子とは“男の人同士の恋愛が好きな女の人のこと”、と聞き驚くなる。
そしてなるは気づく。
百合沢は空を好きというわけではなく、空と夜の関係性が気になったいたということに。
そして百合沢も、萌えの対象としては好きだけど恋愛感情は一切ない、そもそも空単体というよりカップリングとして空×夜が好きなだけだ、と答えた。
なるは勘違いしていたことを謝る。
百合沢も勘違いさせてごめん、と謝り返し、今度こそ引いたよね…、気持ち悪いでしょ、と話す。
なるは、少し考え、そして答えた。
一般的にどう思うかとかは自分にはわからないけど、そういう好みみたいなのは個人の自由だと思うし、少なくとも自分は百合沢の好きなものが知れて嬉しかった、全然気持ち悪くなんかない、と笑いながら。
今まで誰にも理解してもらえなかった自分の嗜好を認めてもらった百合沢は心がぎゅっとなり、顔を赤らめるのだった。
そしてそこからは百合沢も隠さず、自分の気持ちをなるに話すようになる。
そしてなるは思うのだった。
勝手に勘違いして悩んだり、今の自分の本当の気持ちに気づいたり、生徒会に入ってから短期間でいろんな事があったけど、こうやって百合沢と話せて百合沢の事が知れて本当に良かった、と。

案外チョロい夜

翌日の朝、なると百合沢と夜で書類整理をすることに。
なるは夜に、改めてお礼を言う。
それは昨日の肝試しの時に気を遣ってくれたこと、そして生徒会に立候補するが悩んでいた時の事、そして今回百合沢のことで背中を押してくれたこと。
夜がいつもはっきり言ってくれるから自分は前に進めている、夜の優しさにとても助けられた、となるは笑顔で夜に伝える。
すると夜はなるから顔を背け、いつものように憎まれ口を叩き始める。
そしてなるを追い出した。
百合沢は夜に、案外チョロいんですね、と笑う。
するとなるにさっきの台詞を言われてから真っ赤になったままの夜は、うるさい黙れ!と苦し紛れに百合沢に憎まれ口を叩くのだった。

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

『ひなたのブルー』第13話のネタバレ

『ひなたのブルー』 第13話のネタバレ&最新話。なるに思考が占領される夜

『ひなたのブルー』 は目黒あむ先生の漫画で、別冊マーガレットにて連載中です。 『ひなたのブルー』 前話(12)話のあらすじは・・・ 百合沢が空に片想いしているという疑惑が晴れる。百合沢は空と夜をカップ ...

続きを見る

『ひなたのブルー』第12話のまとめ

今回は『ひなたのブルー』の第12話のネタバレ&最新話。をお送りしました。

漫画を読むならeBookJapan【背表紙が見やすい!】

eBOOKJapan背表紙

まるで本屋で本を捜すように背表紙で本を探せますよ。やっぱりビジュアルって大事!

登録無料で月額料金不要。しかも登録するだけで半額クーポンが貰える。

eBookJapanで読んでみる

▲無料登録で半額クーポンGET!▲

※キャンペーンは変更されている可能性があります。詳しくは上記から公式をご確認ください。

-漫画ネタバレ
-, ,

Copyright© どりまん , 2020 All Rights Reserved.