漫画ネタバレ

『遺書、公開。』第30話のネタバレ&最新話。姫山が主演を務めた演劇

最新話をいち早くまとめ記事にしています。記事を読むなら下記をタップしてくださいね。

>>>遺書公開。全話ネタバレまとめ。最新話まで更新中

『遺書、公開。』は陽東太郎先生の漫画で、月刊ガンガンJOKERにて連載中です。



『遺書、公開。』前話(29)話のあらすじは・・・
千蔭の発表によりD組は口論に発展しかけ、遺書を早めに公開できた者は気が楽でいいと非難する者まで出始める。その時、南條と熊田が次の発表者に立候補する。何でも今度の遺書は文化祭に関するものらしい…。

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

『遺書、公開。』第30話のネタバレ&最新話。

姫山が主演を務めた演劇

文化祭……。
2年D組は体育館で劇を上演した。題名は『ミライ』。
主演は姫山が勤め、演劇部門の優秀用にも選ばれた。
ちなみに文化祭は10月だが、姫山が自さつしたのはそれから1ヵ月後の11月。
千蔭曰く、そこに何かあってもおかしくはない。

その上、あの演劇は実は違和感を感じていた者もいるだろう…と。
千蔭はもう一度皆で思い出してみようと言う。

……クラスの文化祭の出し物の話し合い。
イマイチいい案は出ない。その時―――…
「……姫山さん主演の劇って見たくない?」
誰かが発言する。それを聞いた皆は途端に賛成を始める。
姫山に確認を取るが、この流れでは断れなかったのかあるいは満更でもなかったのか、彼女は受けると言う。

違和感だらけだった演劇

それから話は脚本まで進む。
なんと小説好きな女子がオリジナルで書いたらしい。
クラスの皆に脚本を配ると、受けは結構悪くない。
……そして劇の練習に入る。
だがクラスの皆はあまり乗り気でもなく、姫山もどこかボンヤリしている。

そして迎えた本番。出来は見事であり、優秀賞を取得する。
中には奇跡ではないかと言うクラスメートも。
だが中には「あんまり嬉しいって感じじゃないな」と言う者もいた…。

……これが2年D組の演劇の軌跡だ。
しかし栗原は違和感などなかったと言う。なんせ賞まで得られたのだ。
なお、奇跡みたいだと言ったのは栗原である。
最も、姫山がどう感じていたかは南條の遺書を見れば一目瞭然だ。

主演に偏り過ぎた南條の脚本

……20通目 南條絢音
内容としては、『文化祭の劇が成功してよかったね』『あの役は自分の分身のように感じています』『これからも素敵な話を書き続けてね』というようなもの。
そう、あの劇の脚本は南條が書いたのだ。一番好きな作家・塩美幸穂から影響を受けたらしい。
栗原は簡単な役ではなかったが、皆の賛成を受けて決まった脚本だと千蔭に言う。
すると………

「じゃあ栗原は…あの役やりたかった?」

これは主役を演じれる柄かという話ではなく、あの役を自分だったら純粋にやりたいのかという話だ。
なんせ、長台詞が異様に多く、説教じみたクサいセリフを感情的に叫ぶ、やりにくい役である。
栗原は返答できず、察した南條は赤面する。
そう、最初から主役が姫山だと決まっていたから書けた脚本なのだ。
この主役への偏りを誰も指摘できなかったのは、みんな『やるのは姫山だから』と思っていたからだろう…。

ある意味、皆の前で自分の脚本を貶されるという辱めを受ける羽目になった南條。
彼女は顔を手で覆って涙を流し、何人かの女子が付き添ってあげる。
そしてその傍ら、次に遺書を発表する予定の熊田は全く笑えなかった……。

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

『遺書、公開。』第30話の感想

……今話も千蔭が光ってますね。
痛い所を突くキレッキレな指摘が皆に鋭く刺さります。
千蔭は相当な推理力と地頭を持ってますね…。
思い返せば彼は元々学力優秀な生徒。
本来ならもっと上の中学に行っていたのですから、この推理力にも納得かと。

それにしても、南條が気の毒になってきました。
南條の書いた脚本は姫山が気を使って主演を受けてくれたもの。
本来なら難しい役を押し付けられた彼女に文句を言われても仕方ありません。
つまり南條は主演を演じる者に一切配慮しない独りよがりな脚本を書いてしまったという事。
それを皆の前で千蔭に指摘され、涙を流す羽目に…(´;ω;`)ウゥゥ

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

『遺書、公開。』第30話以降の感想

しかし熊田はそれに着目している暇はありません。
次は彼女の番だからです。

熊田も南條と同じく遺書の内容が『文化祭』のようです。そして何か思うところがある様子。
彼女の遺書の内容を予想してみました。
① 姫山が主演を勤めた演劇の出来について、姫山に何か文句を言ってしまった。
② 演劇とは関係ないが、文化祭の事で姫山を傷付けた。
③ 文化祭の事ではあるが、姫山を傷付けるような事をしたわけではない。

恐らく①でしょう。熊田は「あんまり嬉しいって感じじゃないな」と言った人間では?
ですがミスリードという線もありえます。あくまでそのセリフは別の生徒が言った可能性もあるからです。
……さあ、どれでしょうか?

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

『遺書、公開。』第31話のネタバレ

『遺書公開。』第31話のネタバレ&最新話。実は熊田が姫山に押し付けていた

最新話をいち早くまとめ記事にしています。記事を読むなら下記をタップしてくださいね。 >>>遺書公開。全話ネタバレまとめ。最新話まで更新中 『遺書、公開。』は陽東太郎先生の漫画で、月刊ガンガンJOKER ...

続きを見る

『遺書、公開。』第30話のまとめ

今回は『遺書、公開。』の第30話のネタバレ&最新話。をお送りしました。

漫画を読むならeBookJapan【背表紙が見やすい!】

eBOOKJapan背表紙

まるで本屋で本を捜すように背表紙で本を探せますよ。やっぱりビジュアルって大事!

登録無料で月額料金不要。しかも登録するだけで半額クーポンが貰える。

eBookJapanで読んでみる

▲無料登録で半額クーポンGET!▲

※キャンペーンは変更されている可能性があります。詳しくは上記から公式をご確認ください。

-漫画ネタバレ
-, ,

Copyright© どりまん , 2020 All Rights Reserved.