漫画ネタバレ

『消えた初恋』 第13話のネタバレ&最新話。あっくんに失恋した橋下さん、アフロになる!?

『消えた初恋』はひねくれ渡先生&アルコ先生の漫画で、別冊マーガレットにて連載中です。



『消えた初恋』 前話(12)話のあらすじは・・・
恐る恐る井田との“お付き合い”を始めた青木。酷に恋人らしいことをするわけではないが、浮かれた気分になっていた。そんな時、橋下さんから何やら不穏な連絡がくる。青木に相談したい、とのことだが…。

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

『消えた初恋』 第13話のネタバレ&最新話。

あっくんに失恋した橋下さん、アフロになる!?

青木と橋下さんは学校帰りにカフェへ来ていた。
そして橋下さんは話し始める。
あっくんに振られた、と。
驚く青木。
橋下さんは、修学旅行中にあっくんに告白した話をする。
修学旅行中、橋下さんは勇気を振り絞りあっくんに告白したが、橋下さんの想いに全く気づいていなかったあっくんは驚く。
高校入試の日に助けてくれたことを話し、その時からずっと好きだったと話す橋下さん。
だがあっくんはその時のことを全く思い出せない。
橋下さんは続ける。
1年の時に調理実習で褒めてくれたこと、そして球技大会で励ましてくれたこと。
だがあっくんは全て覚えていないのだった。
入試の日から今日に至るまであっくんの目に自分は少しも映っていなかった。
そのことを目の当たりにし、涙を流して立ち去る橋下さん。
その日依頼、橋下さんはあっくんと話していないのだった。
それを青木に話す。
そして青木に聞きたいことがあるという。
ドレッドとアフロ、どっちがいいと思う?、と。
青木への相談はこれだった。
橋下さんは失恋し、極端に髪型を変えようとしていた。
焦って止める青木だったが、橋下さんは、アフロにする!、と決めてその場で美容室の予約を取ってしまうのだった。

当時を振り返ってあっくんに思い出させようとする青木

このままだと橋下さんがアフロになってしまう!
焦った青木は翌日、あっくんに詰め寄る。
あっくんが忘れるからこんなことになった、橋下さんを止められるのはあっくんしかいない、当時を振り返って思い出せ、とあっくんを1年生の教室へと連れて行く。
放課後、1年生が帰った教室へと入るふたり。
当時の席へと座る。
名前順であっくんが座り、そしてそのすぐ後ろが青木の席だった。
そしてふたりは思い出していた。
初めはただのクラスメイトで気にもとめていなかったが、ある日ちょっとしたトラブルがきっかけで徐々に仲良くなったふたり。
もしあっくんにとって橋下さんがただのクラスメイトなら覚えていないのも仕方ない、と考える青木。
青木は、仕方ないとはいえ橋下さんが作ったケーキなどを思い出して寂しくなるのだった。
一方、あっくんはあることを思い出す。
下駄箱へと歩いて向かいながら、あっくんは青木に話した。
それは1年の時の橋下さんの事。
自分的にはすごい印象が悪かった、とあっくんは言う。
するとたまたますぐ前にいた橋下さん。
その話が聞こえ、橋下さんはショックを受ける。
そして、陰口を言うなんて感じ悪いのはそっちだよ、とあっくんに言う。
あっくんは今のは陰口じゃない、と弁解しようとするが、橋下さんは言い訳なら聞きたくない、と耳をふさぐ。
そしてあっくんと橋下さんは言い争いになり、バラバラに帰ってしまった。

落ち込む青木を励ます井田

ふたりの間に立っていた青木は一人で立ちすくみ落ちんでいた。
するとそこに井田がやってくる。
井田にふたりのことを相談する青木。
俺はとんだお節介野郎だ、橋下さんの力になりたかっただけなのに、と嘆く青木。
そんな青木に井田はこう答えた。
それだけ一緒に悩んでくれるから橋下さんも青木に相談したんだろう、十分力になれていると思う、と。
井田にときめく青木。
あっくんと橋下さんの事を、良くも悪くも進展したってことだ、ひとりで悩むだけよりいいだろう、と話す井田。
井田は青木の頭をくしゃくしゃと撫でた。
井田への気持ちが大きくなる青木だった。

ずっとすれ違っていた橋下さんとあっくん

バラバラに帰っていったかと思いきや、橋下さんを追いかけるあっくん。
誤解されたままなのは嫌だ、と橋下さんに言う。
だが橋下さんは、アフロになる予約の時間が迫っているから時間がない、とあっくんを押しのける。
ふたりは言い争いをしながら、橋下さんが予約していた美容院へと向かう。
美容院に到着し、アフロにしてください、と注文しようとする橋下さんの口を抑え、毛先を揃えるだけでいいです、と勝手に変更するあっくん。
結局橋下さんはアフロにはならず、前髪が眉上のパッツンで揃えられた髪型になる。
帰り道にそれを見て、こけしっぽいな、と感想を言うあっくん。
すると橋下さんは顔を隠して、そっぽを向く。
それを見てあっくんは話し始める。
1年の時も橋下さんにこけしっぽいなって言ったら俺のことを無視したよな、と。
橋下さんは単に恥ずかしくて顔を逸らしただけだったが、あっくんはそれを無視されたと思っていた。
そのこともありあっくんは、橋下さんは俺の事が苦手なんだろう、と感じたのだった。
そもそもノリが違うし、その後も話しかけても目も合わないし、会話はすぐに切るし、なのに青木とはすごく喋るし。
だから俺のことが好きだとか想像してなくて本気でびっくりした、と話すあっくん。
そうだね…と納得する橋下さん。
そしてあっくんは続ける。
2年になってだんだん喋ってくれるようになって嬉しかった、だけど橋下さんと付き合うのは正直あんまりイメージできない、ごめん、と、あっくんは橋下さんをはっきりと振るのだった。
だが、あっくんは言う。
橋下さんのこと友達として好きだ、今日もっと好きになった、しゃべったら楽しいし、アフロになりたがるし、面白すぎる、と。
もったいないことしたよな今まで俺ら、と話すあっくんに、複雑な表情を浮かべる橋下さん。
橋下さんは言う。
これからもっと知ってもらえるように頑張ってもいい?、と。
かかってこい、と答えるあっくんだった。

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

 

『消えた初恋』 第14話のネタバレ

ComingSoon

『消えた初恋』 第13話のまとめ

今回は『消えた初恋』 の第13話のネタバレ&最新話。をお送りしました。

漫画を読むならeBookJapan【背表紙が見やすい!】

eBOOKJapan背表紙

まるで本屋で本を捜すように背表紙で本を探せますよ。やっぱりビジュアルって大事!

登録無料で月額料金不要。しかも登録するだけで半額クーポンが貰える。

eBookJapanで読んでみる

▲無料登録で半額クーポンGET!▲

※キャンペーンは変更されている可能性があります。詳しくは上記から公式をご確認ください。

-漫画ネタバレ
-, , ,

Copyright© どりまん , 2020 All Rights Reserved.