漫画ネタバレ

『キングダム』 第639話のネタバレ&最新話。秦は鄴の攻略を成し遂げる

『キングダム』 は原泰久先生の漫画で、ヤングジャンプにて連載中です。



『キングダム』 前話(638)話のあらすじは・・・
瞬水樹は鄴に向かっていた秦の補給船団に完勝し、彼らが運んでいた兵糧を全て河底に沈めた。鄴では食料が底を尽き、弱った兵士たちが立ち上がることもできずに涙を流す。
王都へ向かっていた李牧は胸騒ぎを感じ、一つだけ自分が見落としていたことに気が付いた。そのとき鄴で横たわる兵士たちのもとへ、斉から兵糧が運ばれた。
王翦は李牧の考えを先読みし、あえて反対側の水路である斉から運ぶことを、事前に昌平君に話していたのだ。

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

『キングダム』 第639話のネタバレ&最新話。

鄴で飢えていた兵たちは、涙を流して斉から届いた兵糧を食べた

鄴に運ばれた斉の兵糧を、飢え切っていた兵士たちが涙を流しながら食べまくる。
湯気を立てる肉や、煮込まれた鍋料理、身がたっぷり入った魚介が大量に並べられ、兵たちは雄叫びをあげたり急いで食べてむせてしまったりと、せわしなく平らげていく。
食事の支度をしている人が「おかわりはたくさんあるから、あわてないでゆっくり食べて」と言うが、兵たちは食べることに必死で止まる様子がない。
尾平はあまりの美味しさに、ビクンビクンと痙攣してしまっている。
干斗は「今まで食べたものの中で一番うまい」と号泣しながら兵糧にかぶりつく。
兵たちに食事の準備をしている人々は忙しく立ち回り、寝ている人にも行きわたるようにと運んでいく。
おかわりにも対応できるように、竜有は作りっぱなしの状態だった。
それでも、「初めて見る斉の食材に腕がなる!」と料理人としての力を発揮してくれていた。
河了貂がせわしなく働いていると、信に口に食べ物を突っ込まれる。
信に「お前も休め」と言われるが、「待ちに待った食糧がやっと届いたんだ。休んでいられないよ」と返す。
信は安心させるように笑うと、河了貂も怪我人であるのだから、と休ませようとする。
信に「大丈夫だから」と言われて、ようやく河了貂も食べ物を口にした。

秦は不可能といわれていた鄴の攻略を成し遂げる

河了貂は力が抜けたようにその場に座りこんでしまう。
緊張の糸が切れてしまい、腰が抜けてしまったのだ。
河了貂はうつむいて「本当によかった・・・。全部が無駄に終わるかもって思ってたから、食糧が届いて・・・」と涙を流して喜ぶ。
背後では、号泣しながらご飯を食べる兵たちと、追加されていくお肉があった。
信はその様子をながめて、王翦に向けて「あてがあったなら、教えとけよな」とつぶやく。
蒙恬は王翦が出陣前に手回しをしていたはずだと言っていたらしいが、とにかく兵糧が秦軍が半年は余裕で食べていけるくらい大量に届いたことで、籠城しておけば落とされずにすみ、軍が力を取り戻せば、鄴を拠点に討って出ることもできる。
黒羊を囮にして列尾から趙王都圏に侵入し、そこから王翦軍・桓騎軍・楊端和軍が別れてそれぞれの戦場に向かった。
多くの犠牲を出した激戦の末、不可能と言われた鄴の攻略を成し遂げたのである。

李牧は地下牢に捕らえられ、昌平君は鄴攻め完遂のため、騰の軍勢を北上させる

秦が鄴の攻略を成し遂げたという吉報は、翌朝咸陽にも届く。
喜びに歓喜する人々や、驚きに崩れ落ちる者がいる中、政は戦いの前の全滅すら視野に入れる覚悟が必要だと進言された言葉を静かに思い出す。
震える拳で「よくやってくれた」と信を称えた。
一方、李牧は趙王都邯鄲の地下牢でその凶報を聞いた。
李牧は公開斬首の刑に処されることが決定している。
しかし、李牧は鄴の戦いはまだ終わっていないと言う。
鄴は奪われたが、今はまだ趙王都圏内に浮かぶ陸の孤島である。
秦が力を列尾に集中できなくするために、北軍を南下させて燕に和平の使者を送るよう馬南慈と雷伯に伝えてほしいと言うが、郭開はそのことを誰にも話さなかった。
そして、李牧が恐れていたように、昌平君によって趙列尾を貫こうと騰の軍勢が北上を始めていた。

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

『キングダム』 第640話のネタバレ

ComingSoon

『キングダム』 第639話のまとめ

今回は『キングダム』 の第639話のネタバレ&最新話。をお送りしました。

漫画を読むならeBookJapan【背表紙が見やすい!】

eBOOKJapan背表紙

まるで本屋で本を捜すように背表紙で本を探せますよ。やっぱりビジュアルって大事!

登録無料で月額料金不要。しかも登録するだけで半額クーポンが貰える。

eBookJapanで読んでみる

▲無料登録で半額クーポンGET!▲

※キャンペーンは変更されている可能性があります。詳しくは上記から公式をご確認ください。

-漫画ネタバレ
-, ,

Copyright© どりまん , 2020 All Rights Reserved.