漫画ネタバレ

『「子供を殺してください」という親たち』 第34話のネタバレ&最新話。貴仁の部屋の中

『「子供を殺してください」という親たち』 は押川剛・鈴木マサカズ先生の漫画で、コミックバンチにて連載中です。



『「子供を殺してください」という親たち』 前話(33)話のあらすじは・・・
貴仁の病状の悪化には祖母クニ子が男に尽くすように尽くしてしまったことが原因だと押川は見抜きます。
祖母に育児を任せきりにしてしまったことに後悔する母百合子。
貴仁の現状を探るため、押川と百合子は貴仁の部屋に忍び込みます。

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

『「子供を殺してください」という親たち』 第34話のネタバレ&最新話。

貴仁の部屋の中

貴仁の部屋の中は物が全て仕舞われており、その全てに触るなと張り紙がしてありました。
こんな生活をしていたなんてと百合子は絶句してしまいます。
押川はあまりにも生活感がなさすぎると判断します。
統合失調症の中には生活感がなくなる人が多いが貴仁は特に几帳面に片付けられていました。
これは病気のせいもあるが、躾の部分も大きいと押川は口にします。
コンセントを見ると穴にティッシュが詰められていました。
これは電磁波や盗聴を疑っていた痕跡です。
そしてハリウッド男優のポスターが貼ってありました。
妄想がひどくなってからは彼のことを尊敬する叔父さんと呼び、スペイン王朝の末裔だと自称していた貴仁。

最後の取引

段ボールを開けると中には本と洋服が数枚入っているだけでした。
押川は持ち歩いている紙袋の中に貴重品が入っているのだろうと憶測します。
これだけの根拠があれば保健所も入院治療を認めるはずと押川。
お金があってもどうしようもならないのが精神の病気なのだと押川は語ります。
貴仁のようなケースはお金持ちの子供に多い、そこに哀しみを感じると押川。
実吉からのメールで貴仁がフランス旅行の手続きをしたと知った百合子は一刻も早く貴仁を病院に連れて行って下さいと焦ります。
部屋の中の写真を見たクニ子は貴仁の入院に賛成します。
しかし、問題はどうやって貴仁を呼び出すのかでした。
クニ子は相続の話をすると自分が呼び出せば来るのではないかと提案します。
最後の取引です。

押川の作戦

押川は呼び出すのは人の多いところがいいと指定します。
貴仁の妄想を逆手に取る作戦でした。
移送当日、駅前に貴仁は姿を現しました。
クニ子はお金はなんとかする、その前に治療を受けなさい、あなたは病気よと告げます。
それを聞いた貴仁は訳のわからない英語を話し出します。交渉は決裂してしまいました。
押川は周りが怪訝な顔で見ている、安全な場所に移動しましょうと貴仁を誘います。
そして貴仁をタクシーに乗せ、押川は貴仁を守るフリをして貴仁を病院へと密かに運んだのです。
病院に着いた貴仁はクニ子の姿を見て、助けて、お祖母さんと叫びますが、クニ子は中まで見送ることはしませんでした。
あとは百合子に任せると元気のないクニ子。
その後実吉が近況を伺いに行ったところ、クニ子も百合子も元気でした。
貴仁は脳が萎縮していて長期入院をすることとなりました。
クニ子は今後のことを含めて弁護士を紹介してほしいと押川に依頼していました。
金があっても信用できる人間がいないのだなと押川はこぼします。

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

『「子供を殺してください」という親たち』 第35話のネタバレ

『「子供を殺してください」という親たち』 第35話のネタバレ&最新話。悩む実吉

『「子供を殺してください」という親たち』 は押川剛先生・鈴木マサカズ先生の漫画で、コミックバンチにて連載中です。 『「子供を殺してください」という親たち』 前話(34)話のあらすじは・・・ 女傑とも言 ...

続きを見る

『「子供を殺してください」という親たち』 第34話のまとめ

今回は『「子供を殺してください」という親たち』 の第34話のネタバレ&最新話。をお送りしました。

漫画を読むならeBookJapan【背表紙が見やすい!】

eBOOKJapan背表紙

まるで本屋で本を捜すように背表紙で本を探せますよ。やっぱりビジュアルって大事!

登録無料で月額料金不要。しかも登録するだけで半額クーポンが貰える。

eBookJapanで読んでみる

▲無料登録で半額クーポンGET!▲

※キャンペーンは変更されている可能性があります。詳しくは上記から公式をご確認ください。

-漫画ネタバレ
-, , ,

Copyright© どりまん , 2020 All Rights Reserved.