漫画ネタバレ

『なまいきざかり。』 第117話のネタバレ&最新話。成瀬の変化・進歩・大人になる。

『なまいきざかり。』 はミユキ蜜蜂先生の漫画で、花とゆめにて連載中です。



『なまいきざかり。』 前話(116)話のあらすじは・・・
隆北高校の文化祭に遊びに来た由希と成瀬。偶然、宇佐見が姫ちゃんに告白するところを聞いてしまう。宇佐見は気を使わせるのも嫌だからと、想いを伝えただけでよしとする。姫ちゃんはそのあっさりとした態度に、凹んでた自分を励ましてくれた、と結論づけた。成瀬は宇佐見に『ほっとくとあっという間に誰かに持ってかれる』とアドバイスする。宇佐見はその後、引退する姫ちゃんから今までのお礼や応援エールを受け、“置いてかれる”感覚を実感する。さらに、実はモテる姫ちゃんの隣に自分以外の男が立つのを嫌だと気づき、ステージ上で派手に再度告白するも玉砕。後輩たちの幸せを密かに見守る由希と成瀬だった。さて、今回は…!?

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

『なまいきざかり。』 第117話のネタバレ&最新話。

成瀬の変化・進歩・大人になる。

由希はコーチからお使いを頼まれる。
内容は、風邪で休んでいる袴田が参加する予定の合同練習会の申込書をもらいに行くこと。
〆切が今日までらしい。

成瀬は面白くない顔。
おそらく文句言いまくった挙句、不機嫌MAXで不貞腐れるだろうと思う由希。
由希の腕時計と薬指のリングを見ながら、ふと成瀬が言う。
「…アイツん家、駅からの地図書こうか」
驚く由希。
成瀬は地図を渡しながら、軽く由希の手の甲にキスを落とした。

袴田の家まで、成瀬が書いた地図を見ながら歩く由希は、成瀬の意外な反応に『大人になった…というかちょっと前から考えたらものすごい進歩なのでは?』と思う。
そうしているうちに、袴田家に着いた。

袴田家の面々

インターホンを鳴らすか迷ってる由希に声をかけたのは袴田の兄で、よく似ていた。
袴田への客だと知るとものすごく驚くと同時に、家に上がってと肩を押す。
袴田と違って押しが強い、と思いながら『お邪魔しなくても済む用事だから…』と断ろうとしていると、窓から袴田が慌てて顔を出す。

結局、何だか家に上がることになってしまった。
少し話し、無言になる。
袴田は申込書をとってくると部屋を出ようとした。
出る瞬間、ふと止まって振り返る。
由希が自分の家にいる事がまだ信じられず、寝過ぎて夢と現実が分からなくなってるんじゃ、と思う袴田。

袴田がいない間、由希のいる部屋が突然開けられ、弟が顔を見せる。
お互いに固まりながらも、『どちらの兄とですか?』と淡々と聞く弟。
そこへ袴田が戻り弟を追い出した。

練習会の申込書を、先週郵送していたことを言いにくそうに伝える袴田。
必死に謝るうち、テーブルの湯飲みが倒れお茶が袴田の腕にかかる。
由希は咄嗟にタオルを出し、瞬間的に袴田の腕を覆った。
火傷してないことを確認し、ホッとした顔をする。
近づいた距離に袴田は胸が高鳴った。

…やっぱり、ふとした瞬間に知らされてしまうのは、好きで仕方ないってこと。

腕にかかったお茶を拭いていた由希の手を握る袴田。
驚いた顔で、手離して、と言った由希の薬指の指輪を見ながら、袴田は由希を熱っぽく見つめた。
「やだって言ったらどの位本気で怒りますか?
本気でキレてもらわないと離せないっす。
“人の”ってのは、もう分かってますから」

その目は、由希に以前キスした時の袴田と同じ目で、由希は動けなくなってしまうが内心戸惑い、焦っていた。

その時、2人の様子を後ろから覗いていた兄の隼と弟の歩に気付き、袴田がキレる。
由希は慌てて帰る準備をすると、『また大学で』と挨拶を交わし袴田家を後にした。

…一瞬、動けなくなってしまった。
また、距離感を見誤ってしまったのかな…。
でも普段の真面目にバスケ頑張ってる袴田君は、純粋に応援したいんだけどな。

いいコにしてた成瀬へご褒美を

スマホが鳴って、成瀬からのライン。
『今駅でこれから帰ります』と送ろうとすると、背後から抱きしめられる。
「俺も今駅です」
頭上から成瀬の声。

赤くなった顔を俯いて隠しながら『待ち伏せなんかしてないで帰んなさいよ』と言うと成瀬はサラリと答える。
「いや、俺ん家もこの駅だし」

由希は固まり、自意識過剰だと一気に恥ずかしくなる。
同時に、思い知らされた。
成瀬が進歩したとか大人になったとか思ってたくせに…結局、待ってたの私の方じゃん…。

家に帰る由希に、ヒマだから、と乗り換えの駅までついてくると言う成瀬。
電車の中、成瀬は特に話さずうたた寝する。
乗り換えの駅に着く直前、由希が声をかけると、成瀬はガシッと由希の手を掴んだ。
電車は駅に到着するが成瀬が手を掴んだままな為降りられず、由希は焦りながらも、結局成瀬と2人乗り過ごしてしまった。
降りるはずだった駅でほぼお客さんは降りてしまい、車両には成瀬と由希だけ。
怒る由希に、成瀬は呟いた。
「俺があげた腕時計してるし、薬指にリングもはめてるし、もー何もビビることないって、さっき100回位唱えてた。
死ぬ気でいいコにしてたんだから、ちゃんと褒めてよ」
由希の肩に寄りかかり、頭を乗せて甘える成瀬。
由希が頭を撫でると『ちがう』と言って顔を近づけ、キスをする。

そーやってすぐ幼い顔を見せて、私もまんまと丸め込まれる。
正直、進歩なんてほんの数ミリか気のせいだよ。

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

 

『なまいきざかり。』 第118話のネタバレ

『なまいきざかり。』 第118話のネタバレ&最新話。成瀬、教習所へ行く。

『なまいきざかり。』 はミユキ蜜蜂先生の漫画で、花とゆめにて連載中です。 『なまいきざかり。』 前話(117)話のあらすじは・・・ 由希はコーチに頼まれて袴田の家に練習会の申込書を貰いに行くことに。て ...

続きを見る

『なまいきざかり。』 第117話のまとめ

今回は『なまいきざかり。』 の第117話のネタバレ&最新話。をお送りしました。

漫画を読むならeBookJapan【背表紙が見やすい!】

eBOOKJapan背表紙

まるで本屋で本を捜すように背表紙で本を探せますよ。やっぱりビジュアルって大事!

登録無料で月額料金不要。しかも登録するだけで半額クーポンが貰える。

eBookJapanで読んでみる

▲無料登録で半額クーポンGET!▲

※キャンペーンは変更されている可能性があります。詳しくは上記から公式をご確認ください。

-漫画ネタバレ
-, ,

Copyright© どりまん , 2020 All Rights Reserved.