漫画ネタバレ

『妊娠したら死にたくなった』第22話のネタバレ&最新話。翼のお宮参りと落ち着いたちなつ

『妊娠したら死にたくなった』は橘ちなつ先生の漫画で、まんが王国 にて連載中です。



『妊娠したら死にたくなった』前話(21)話のあらすじは・・・
ちなつはなんとか翼のお食い初めを済ませる。成功体験を積み重ね一日も早い退院に繋げたいと考えるも、病院の外へ行くといろんなものが怖く感じてしまうちなつ。それを実感したちなつは自分にはまだ入院が必要だと自ら感じる。

そしてあんなにも嫌で仕方がなかった閉鎖病棟がいつの間にか自分の中で落ち着く場所へ変わっていたことに衝撃を受ける。そして涼太たちに、ちゃんと完治するまでは退院しないと告げる。

病棟へと戻ってきたちなつは前進を信じ、薬を増量した治療に進むのだった。


無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

『妊娠したら死にたくなった』第22話のネタバレ&最新話。

翼のお宮参りと症状が落ち着いてきたちなつ

翼のお宮参りの日がやってきた。
ちなつの状態は随分と落ち着いていて、朝から身だしなみを整えていた。
その様子にちなつの父も感心する。
写真館へと出向くちなつと、ちなつの両親。
そこで涼太、そして涼太の両親と落ち合う。
ちなつは涼太に抱かれている翼の頭を撫で、“今日は特別な日だねおめでとう”と声をかけ、“ママの都合でお宮参りが遅くなってごめんね”と謝る。
少し震えはしたが笑顔で翼と接するちなつ。
ちなつはこの日を迎える前に処方量MAXの抗うつ剤のつらい副作用に戦ってきた。
その副作用も数日で消失し、無事にこの日を迎えることができたことをちなつは心から安堵した。
写真撮影は無事に終了する。
撮影後、授乳室で翼と二人きりになるが、問題なくミルクを上げるちなつ。
哺乳瓶を自分で持ち始めた翼にちなつは驚き、じっと翼を見つめる。
そんな翼の事を少し可愛いかもと感じるちなつ。
そしてそう感じたことで、もう自分は大丈夫な気がすると思い始めるのだった。

安堵する両親と自分をコントロールすることに成功したちなつ

お宮参りでの祈祷を終え、今度はぐずり始めた翼のおむつを変えに両親たちから離れ、一人でトイレに向かうちなつ。
そんなちなつの様子にちなつの父と涼太は微笑む。
そしてちなつの父は涼太に“良かったな”と伝える。
お宮参りを無事に終え、ちなつは両親と実家へ、涼太と翼は義実家へと帰っていく。
翌日の昼すぎに涼太がちなつを迎えにきて病院へ戻る予定となっていた。
ちなつは実家で風呂を済ませ、両親たちのいるリビングを通ると両親たちが話している声が聞こえる。
両親は今日のちなつの様子を嬉しく思い、にこやかに話していた。
特に父は、“今日は何度も目頭が熱くなった”、“このまま翼とちなつが普通の親子になってくれれば”と涙ながらに母に話していた。
ちなつは両親に気づかれないように自室へと戻っていく。
ちなつは部屋で寝る前に飲むよう指示された薬を飲み、寝ることに決める。
そして考えていた。
(自分がまともになればすべてが円滑にまわり、大切な人たちに笑顔が戻る)
(今日はそんなに違和感を感じず、翼を抱っこしていても嫌なざわつきもなく、可愛いかもしれないと思えた瞬間もあった)
そう思う反面、ちなつは足がむずむずし始める。
ちなつは眠れなくなり、カバンからメモを取り出す。
それは看護師の高坂と一緒に考えた、「不穏」を感じた時の対処法として用意していたものだった。
高坂からのアドバイスで、“どういうことをしたら足のむずむずが落ち着いたか”、それを書いておいたメモをお守りのように持っておくこと。
そうすれば体調が揺らいでも“自分には対処法がある”と気持ちに余裕ができるから、といったものだった。
ちなつはそのメモをもとに対処法を試していくことに。
①薬を飲む。
②足のむずむず感が紛れるまでしばらく歩き続ける。
③前向きな言葉を口にする。
メモしていたことを実行するちなつ。
薬を飲み、部屋の中をぐるぐると歩きながら、“大丈夫克服できる、絶対に治って私は正常になって家族3人で暮らせる”、と呟く。
しばらく経つと気持ちが落ちついてきたのを感じるちなつ。
ほっとしたちなつは布団へと入る。
初めて「不穏」をコントロールできたことにちなつは心底安堵した。
対処法を身につけられたらそれはすごく大きな前進だ。
そしてその前進は処方量MAXの抗うつ剤の効き目のおかげなのかもしれない、と感じるちなつだった。

ちなつの異変と父の落胆

朝になり、ちなつの母が朝ごはんができたと、階段下から2階の自室にいるちなつを呼ぶ。
だがちなつからの返事がない。
母は部屋まで行こうとすると、部屋の中からちなつの異常な声が聞こえてくる。
驚いた母は急いで部屋の扉を開けると、ちなつがボロボロに引き裂いたクッションを抱き抱えてよだれを垂らしながら奇声を発しているちなつの姿を目にする。
④の対処法としてメモに書かれていたのは、ぬいぐるみなどの柔らかくて大きいものを抱きしめる、だった。
ちなつは母に“違うの対処法を試してるだけ”、“もう少しした落ちつくから絶対治る克服する”と呟きながらも異常な行動を繰り返す。
母は父を呼ぶ。
父はちなつの異常な行動を見るやいなや、ショックを受ける。
そしてちなつに言う。
“もう勘弁してくれ”、と。
昨日はあんなに元気でみんな「やっと」って安心して喜んでいたのに、と嘆く父。
おまえがしっかりしないで誰が翼の母親をやるのか、「母は強し」「病は気から」と昔から言うだろう、翼がかわいそうだと思わないのか、おまえみたいな母親世の中にはいない、とちなつに怒鳴りつける。
父は昼に迎えにくる涼太を待つ前に、病院へちなつを連れて行く。
車の中でも異常な状態のちなつ。
錯乱状態のちなつだったが、父の言葉に悪意がないのはわかっていた。
それは、父の様子から怯えているというのがわかったから。
ちなつは心の中で両親に謝る。
だけど自分でも、どうすればこのループから抜け出せるのか、それがわからないのだった

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

『妊娠したら死にたくなった』第23話のネタバレ

ComingSoon

『妊娠したら死にたくなった』第22話のまとめ

今回は『妊娠したら死にたくなった』の第22話のネタバレ&最新話。をお送りしました。

漫画を読むならeBookJapan【背表紙が見やすい!】

eBOOKJapan背表紙

まるで本屋で本を捜すように背表紙で本を探せますよ。やっぱりビジュアルって大事!

登録無料で月額料金不要。しかも登録するだけで半額クーポンが貰える。

eBookJapanで読んでみる

▲無料登録で半額クーポンGET!▲

※キャンペーンは変更されている可能性があります。詳しくは上記から公式をご確認ください。

-漫画ネタバレ
-, ,

Copyright© どりまん , 2020 All Rights Reserved.