漫画ネタバレ

『パーフェクトクライム』 第149、150話のネタバレ&最新話。告白し、そして香織の実家へ

『パーフェクトクライム』 は月島綾先生、梨里緒先生の漫画で、めちゃコミックにて連載中です。



『パーフェクトクライム』 前話(147、148)話のあらすじは・・・
いよいよ12月も末になり、香織は東雲と2か月ぶりに再会する。明日は香織の家族との対面で緊張している東雲。真剣な表情になりしばらく沈黙が続き、そして東雲は香織にプレゼントがあると切り出し、ポケットから指輪を取り出す。『俺と結婚してくれませんか?』と指輪を前に告白し香織は......!?

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

『パーフェクトクライム』 第149、150話のネタバレ&最新話。

告白し、そして香織の実家へ

香織に指輪を渡し、告白をした東雲。

あと1年は一緒に暮らせないが予約はしてもいいだろと東雲。
香織は泣きながら、はいよろしくお願いしますと返事をする。

東雲は人の幸せを心から喜べて、人のために一生懸命悩んで自分のことはいつも後回し、そんな香織がたまらなく愛おしいと告げる。

だけど香織も年が明ければ34歳、そろそろ自分の幸せを一番に考えてもいいころだ。

東雲は香織の手に指輪を通し、伝える。
必ず香織を今よりももっともっと幸せにすると。

だからずっと俺のそばにいて、愛してると。

香織は幸せそうな表情だった。

ーーー翌日。

東雲と香織は香織の実家の旅館へと向っていた。

最寄りの駅へ着くと東雲は雪が想像以上に積もっていて驚く。
香織からするとこれくらいはまだ積もっていないほうらしい。

近くに足湯があるため香織は浸かっていく?と訊くが東雲はやめておくという。
緊張しすぎてそんな余裕などなかったのだ。

香織は東雲の手を湯につけて言う。
うちの家族もこのお湯と一緒でみんな温かいから、変に緊張しなくて大丈夫だよと。

私の家族だけど遥斗の家族にもなるんだから、ありのままの遥斗で向き合えばいいよと。
東雲は香織には一生勝てないなと感じるのだった。

両親にあいさつする東雲

香織の実家の旅館に到着した2人。

玄関を入るとすぐに香織の兄の康平がいた。
東雲はあいさつをするが、康平はあまり歓迎していない様子。

香織は東雲に部屋を案内すると歩みを進めていると、そこに康平の奥さんの藍が声をかけてくる。

藍は初対面の東雲にもおかえりという。
お義父さんもお義母さんも穏やかで温かい人たちだから緊張しないで気楽にしてていいと東雲をリラックスさせる。

藍が言うには、康平はシスコンだが、ただのおっさんで酒でも飲ませておけばすぐに和むとのこと。

藍は香織の手に指輪がついているのを見て良かったねと喜ぶ。
香織は笑顔でうんと答える。

そしていよいよ東雲は香織の両親のもとへ。
東雲が堅苦しい挨拶をすると、両親はそんなことはしなくていいよ、自分の家と思ってのんびりして行ってと優しい言葉をかける。

東雲は本当に温かい家族だと心から感じる。

藍が結婚する前にあいさつに来た時もこんな感じだったそうだ。
最初に言われた言葉が『藍ちゃん今日の晩御飯何にする?』だったという。

両親は香織や康平を信じている、ゆえに香織や康平が大切だと思う人なら自分たちにとっても大切な人だということだ。

だから気を張る必要もないし、形式ばった言葉もいらないのだ。

康平からの挑戦状

両親へのあいさつも終え、東雲は香織と部屋で話をしていた。
するとそこへ兄の康平がやってくる。

どうやら東雲と2人で話がしたいとのこと。
香織は口出しするなと外まで連れていく。

外はもう暗く少し雪も降っている。

しばらく無言で2人は歩くと、公衆温泉に辿り着く。
康平は東雲に言う。

知っているだろうが、草津の湯はそこら辺の温泉よりも温度が高い。
特にここの温泉は数ある中でもかなり熱いお湯だ。

今からここに入ってもらう。
俺も香織も子供の頃から嬉しい時、悲しい時、いつだってこの湯に浸かって育ってきた。

つまりこの湯は俺や香織にとって『命の湯』だ。

どんだけ熱くても、逃げるなよ。

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

 

『パーフェクトクライム』 第151、152話のネタバレ

ComingSoon

『パーフェクトクライム』 第149話のまとめ

今回は『パーフェクトクライム』 の第149,150話のネタバレ&最新話。をお送りしました。

漫画を読むならeBookJapan【背表紙が見やすい!】

eBOOKJapan背表紙

まるで本屋で本を捜すように背表紙で本を探せますよ。やっぱりビジュアルって大事!

登録無料で月額料金不要。しかも登録するだけで半額クーポンが貰える。

eBookJapanで読んでみる

▲無料登録で半額クーポンGET!▲

※キャンペーンは変更されている可能性があります。詳しくは上記から公式をご確認ください。

-漫画ネタバレ
-,

Copyright© どりまん , 2020 All Rights Reserved.