漫画ネタバレ

『深夜のダメ恋図鑑』第62話のネタバレ&最新話。八代の両親と千代

『深夜のダメ恋図鑑』は尾崎衣良先生の漫画で、プチコミックにて連載中です。



『深夜のダメ恋図鑑』前話(61)話のあらすじは・・・
円に好きだ、と告白をする。だが円は、恋愛の“好き”だとは思いもせず、人としての“好き”だと勘違いし、自分も市来のことは嫌いじゃないし結構良い奴だよね、と返す。市来は更にこじらせるのだった。

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

『深夜のダメ恋図鑑』第62話のネタバレ&最新話。

有難迷惑な八代の両親と千代

今日も佐和子と円と千代は三人で飲んでいた。
今回の話題は千代の話。
八代との結婚が決まったのは良かったけど、八代のご両親はどんな人たちなの?と佐和子は千代に聞く。
千代は少し間を置き、しどろもどろになりながらも、いい人たちだよ?、と答えた。
それには理由があった。
先日、千代は八代の実家へと行ってきたのだがそこで事は起こる。
八代の両親は関東在住。
もう何度か顔合わせはしていた。
そのため、慣れた様子で千代を家へと迎える両親。
そして千代と八代は両親に、結婚式の準備の話をする。
少し予算はオーバーしそうだが料理のレベルは落としたくない、と話す八代。
すると両親は言う。
いっそのこと料理は最高級ランクにしたらどうか、と。
資金は自分たちが援助する、と話す両親。
その分他を上手に切り詰めればいい、と話す八代の母。
そして母は自作の絵を取り出す。
最近絵を習いに行っていて、あなたたちの式のウエルカムボードを描いてみた、と言う。
少し引き気味な千代と八代。
お義母さんの手を煩わせるわけには…、と千代は遠まわしに断ろうとするが、母は言う。
うちは男所帯でむさくるしいから、ずっと千代みたいな可愛い娘が欲しかった、本当のお母さんだと思って遠慮なく甘えてほしい、と。
善意100%なため、逆に何も言えなくなる千代。
本当はそんな絵いらないと言いたいが、本当の娘ではないため言えない。
母は続ける。
引き出物も私の友人がお皿の絵付けをしているからそこに頼めば素敵な絵皿を作ってくれるわよ、こんな風に、とすでに絵付けされたお皿を出してきた。
それは千代と八代の写真が印刷された、時代遅れなお皿。
白目を向いて驚く千代と八代。
母だけでなく、父も何の違和感も感じていない様子。
それどころが、お皿だと芸がないからお湯を入れたら千代たちが裸になる湯呑みなんてどうだ、などセクハラ発言まで飛び出す始末。
母は続ける。
今度は引き菓子。
節約にもなるし、ハートフルでいいとして、千代の手作りクッキーはどうか、と言い出した。
だがそれには八代も乗り気だった。
バカなの!?バカ一族なの!?誰が作ると思ってるの!?と驚く千代。
嫁を式の前にころす気か!と心の中で思う千代だった。

母によるあり得ない提案に八代は…

母は続ける。
テーブルの装花が一つ3万もするのに驚きそれならうちにある鉢植えの花を持って行きなさい、余興は父に頼めば歌ってくれるわよ、などなど。
それだけではなく、新郎新婦の入場は自分の憧れだったゴンドラで入場してほしい、とお願いをする。
あり得ない提案が連発すぎて開いた口がふさがらない千代。
母はニコニコしながら、これだけ節約すればもっと人が呼べる、せっかくならたくさんの人にお祝いしてもらいたい、この際金銭面は心配しないで、出してあげるから派手にいきましょう、と提案する。
するとついに八代が口を開く。
気持ちはありがたいがお金に関しては出してもらう必要ない、と。
驚いた母は、これは子供を送り出す親からのお祝儀みたいなもので、と話すが八代はこう返すのだった。
新たな家庭を築く第一歩は二人の力でやりたい、無理せず自分たちの力でできる範囲の規模でやればいいと思っている、だから式をどうするかも自分たちで決めるし大丈夫、ありがとう、と。
…やっぱりかっこいい、と千代は八代を見て思うのだった。
すると母は、私たちもちょっと浮かれすぎちゃったみたい、と話し、千代に謝った。
こんな素敵な八代くんのご両親だもの、きっとうまくやっていける、とそう思う千代。
だが、母は言う。
でも引き菓子に千代の手作りクッキーっていうのはいい案だと思う、と。
それに関しては賛同する八代に、困惑する千代。
時折垣間見える八代の壊滅的センスは親譲りだったのかと妙に納得した千代だった。
その話を千代は佐和子と円にすると、二人はこう思うのだった。
そのお母さん、千代と同タイプだな…と。

結婚しても綺麗でいたい千代と阻止する毒ガス

あくる日のこと。
千代は思っていた。
世の中には結婚した途端に女を捨て、スッピンで服装や髪形もだらしがなく、女として見れないなんて言う男の人の話を聞いたりする。
だけど自分はできることなら結婚してからも恥じらいや常にキレイでいようとする努力は忘れずにいたい、恋する気持ちは持ち続けていたい、結婚してもずっと…、と。
八代より少しだけ早く起きて身だしなみを整えている千代。
起きてきた八代に、おはよう、と微笑みながら挨拶をする。
だがその後、二人でテレビを見ていると、大きい音のおならをする八代。
八代は焦り、つい気が緩んでしまった、王子失格だ、と千代に謝る。
だが千代は微笑み、いいのよ人間だもの、生理現象は仕方ないじゃない、と返す。
許されたことにほっとする八代。
家の中で寛いでガスも出せないなんてよくない、彼がいつでもリラックスできる空間を作りたい、と千代は微笑みながらそう思うが、だんだんと表情が曇ってくる。
千代は何も言わずそっと席を外し、別室へと移動する。
…何これ毒ガス!?やってられない!!いくら小綺麗にしてたってこのガスが女子力を狂わせていくんじゃない、そりゃ化粧する気も失せるわ、と鼻を抑え、本音が溢れだす。
そんな千代を追いかけてやってきた八代は、そんなに臭かった?、と申し訳なさそうに謝るのだった。

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

『深夜のダメ恋図鑑』第63話のネタバレ

『深夜のダメ恋図鑑』 第63話のネタバレ&最新話。ある数字と佐和子の話

『深夜のダメ恋図鑑』 は尾崎衣良先生の漫画で、プチコミックにて連載中です。 『深夜のダメ恋図鑑』 前話(62)話のあらすじは・・・ 千代は八代の実家に行き、八代の両親に結婚式の準備を話をした。義両親は ...

続きを見る

『深夜のダメ恋図鑑』第62話のまとめ

今回は『深夜のダメ恋図鑑』の第62話のネタバレ&最新話。をお送りしました。

漫画を読むならeBookJapan【背表紙が見やすい!】

eBOOKJapan背表紙

まるで本屋で本を捜すように背表紙で本を探せますよ。やっぱりビジュアルって大事!

登録無料で月額料金不要。しかも登録するだけで半額クーポンが貰える。

eBookJapanで読んでみる

▲無料登録で半額クーポンGET!▲

※キャンペーンは変更されている可能性があります。詳しくは上記から公式をご確認ください。

-漫画ネタバレ
-, ,

Copyright© どりまん , 2020 All Rights Reserved.