漫画ネタバレ

『スキップ・ビート!』 第285話のネタバレ&最新話。蓮のファンは侮れない

『スキップ・ビート!』 は仲村 佳樹先生の漫画で、花とゆめにて連載中です。



『スキップ・ビート!』 前話(284)話のあらすじは・・・
想いが通じ合った蓮とキョーコはお互いに肌身離さず持っていた“自分の半身”と言えるものを交換する。蓮から預かったペンダントは高級ブランドで、キョーコは慌ててセキュリティボックスを用意する。改めて考え『何故自分なのか?』という疑問を持つキョーコ。その頃蓮は、打ち合わせで敦賀蓮ファンのスタッフから、ずっとつけているペンダントをしていない事を指摘され、何か大きな変化があったのでは?香凪とのスキャンダルもカムフラージュなのでは?と核心を突かれる。内心焦る蓮に、隣に座っていた社が『ペンダントはメンテナンスに出していたので今日には届く』と言い出して…!?

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

『スキップ・ビート!』 第285話のネタバレ&最新話。

蓮のファンは侮れない

蓮の前に出されたペンダント。
目を丸くして固まる蓮に、社は説明する。
ペンダントを作る際にサンプルとして違う素材で同じデザインのものを作っていて、それを取っていたから今日からコレをつけるように、と。
ファンも素材の違いまでは分からないだろう。

そもそも蓮が知らないだけで、非公式の敦賀蓮ファンサイトが多数存在しており、その観察力と洞察力・特定能力は侮れない。
今回のように肌身離さずつけていたものが急になくなったら、様々な憶測が飛び交って、“特定班”も必ず動く。

以前も腕時計についてブランドを特定されたり、それが“身内から貰った御守り的なモノ”ではないかと考えられていたりしたらしい。
当たらずとも遠からず…恐るべし、特定班。

社の器の広さ

ペンダントの今の持ち主について、社はさも当然とばかりに淡々としていた。

バレてないと思ってたのか?
蓮は自分が思ってる以上に分かりやすい男で、さっきからしつこい位にダダ漏れている幸せオーラを見ればキョーコが絡んでいることは当然。
しかもペンダントもなくなってるとあらば何があったかは容易に想像がつく。
ペンダントの消失に“女の影”が見え隠れしたら、今ペンダントを持ってる女性が注目されどうなるかは明らか。
猛追究され、叩かれ、火の粉を被り…最悪、火だるまだ。
キョーコがあのペンダントをこれ見よがしにつけて歩くとは思えないから、大丈夫とは思うが…。

そこで蓮は、自分が言った言葉を思い出す。
『在るべき場所で、預かってて。』
蒼ざめる蓮。
そうとは知らない社は、キョーコにも人前でつけないよう言っておくようにと進言する。

ある意味こちらも香凪とのスキャンダルを利用させてもらい、キョーコを守るといい。
ファン連盟でも香凪には好意的だから好都合だ。

ファンの中でも“特定班”は特に用心が必要だと言われ、迂闊なことをしたと反省する蓮。
社はあくまで蓮とキョーコを護りたいと強く宣言する。

蓮は、心から感謝した。

6時間前、アメリカでティナは…

現在時刻より、約6時間前…アメリカ。

お墓の前で座り込むティナ。
墓石に手を添え、呟く。
「…リック。また、来るからね…」

その後迎えに来た男性と合流するティナ。
連れてきてくれたその男性に感謝を伝えた。

どこか浮かない顔のティナ。

海を見つめ、何か考える。
男性は船の時間までまだ余裕があるからと、海に降りてみるかと誘う。
ティナは男性の手を取り、ゆっくり海岸に降りながら言った。

「…ねぇ…やっぱり、今でもまだ、誰も分からないのかな…?クオンの行方……」

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

 

『スキップ・ビート!』 第286話のネタバレ

ComingSoon

『スキップ・ビート!』 第285話のまとめ

今回は『スキップ・ビート!』 の第285話のネタバレ&最新話。をお送りしました。

漫画を読むならeBookJapan【背表紙が見やすい!】

eBOOKJapan背表紙

まるで本屋で本を捜すように背表紙で本を探せますよ。やっぱりビジュアルって大事!

登録無料で月額料金不要。しかも登録するだけで半額クーポンが貰える。

eBookJapanで読んでみる

▲無料登録で半額クーポンGET!▲

※キャンペーンは変更されている可能性があります。詳しくは上記から公式をご確認ください。

-漫画ネタバレ
-, ,

Copyright© どりまん , 2020 All Rights Reserved.