漫画ネタバレ

新連載!!『スイートバニラビーンズ』 第1話のネタバレ&最新話。ド派手な親友の隣で

『スイートバニラビーンズ』 は八神星子先生の漫画で、Lalaにて連載中です。

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

新連載!!『スイートバニラビーンズ』 第1話のネタバレ&最新話。

ド派手な親友の隣で

隣の金持ち校のイケメンに落とした財布を拾われ軽く馬鹿にされて、気の強さで反撃し逆に興味を持たれる…という少女漫画のような運命的出会いを果たした親友の隣で、中谷ことりにも平凡な出会いがあった。
相手はことりと同じく目立つ親友を持つ浜中優。

ことりの親友・高峰ちとせは明るくて美人で成績優秀で人気者の生徒会長。
先日隣の金持ち高の海王丸奏と出会いを果たした張本人。

副会長のことりは中流家庭で顔も成績も普通。
目立つ人を羨ましく思う事もあるけれど、その苦労も知っているし、ことりは普通な自分が気に入っていた。

今年は隣の金持ち私立との合同文化祭で、打ち合わせの為富豪高校へ向かう。
迎えた生徒会長はちとせと出会った海王丸奏だった。
隣には副会長の浜中優。

お互い生徒会長だった事を驚きつつ、また会えた事を嬉しく思うことり。
その隣ではちとせと奏が言い合いをしながら何気に連絡先を交換している。
お互いに気性が激しくキャラが強烈な親友を持つ者同士、ことりと優も話が弾んだ。
流れでことり達も連絡先を交換する。
打ち合わせはお互いの強烈生徒会長が言ったことを副会長が噛み砕き分かりやすく伝え直して、良い部分を取り入れ話を広げて形にしていった。

家に帰ったことりは優にメールを送りたいが何て送ろうかと迷ってしまいそわそわしていた。
翌日ちとせと話している中で、奏からのメールが毎日、しかも数分おきにくると聞いた。
自分の悩みの小ささにため息をつくことり。

ちとせは、奏から次の休みに4人で会おうと誘われたらしく、ことりもOKした。
『ウザい』と言いつつ嬉しそうなちとせを見ながら、ことりも嬉しくなる。
その夜、初めて優にメールを送ったことり。
ドキドキしながら送信ボタンを押すと、すぐに既読になり、返事が返ってくる。

こんな他愛もないことが、すごく嬉しい。
私ももっと勇気、出してみようかな。

ことりと優のデートもどき♡

いよいよ当日。
駅前で待ち合わせた4人は、早速言い合いをする奏とちとせ・ほのぼの仲良しの優とことり。
タイプの違う2カップルで、着いたところはクルーズ船の停泊する港。
奏はこのクルーズ船を貸し切りにしているという。
ハードルが高すぎて遠慮することりに、奏が言った。
「そういえばお前もいたな。
存在感薄すぎて忘れていた。
高峰のおまけとして入れてやろう」

その瞬間、後ろから優が奏の脳天を殴る。
笑顔で怖い雰囲気を醸し出しながら、ちとせと2人にしてやると、ことりを連れ出す優。

街を歩きながら、優は奏を“失礼な所もあるが言葉選びが下手なだけでいい奴だから”、とフォローする。
仲の良さを改めて感じる。
奏の失言に謝る優に、ことりは本当のことだから、と笑う。
脇役な自分に納得してるけど、少し寂しさもあった。

優は目を見てハッキリという。
「俺はおまけなんて思ったことないよ」

ことりは嬉しくなり、赤面しながらも勇気を出して、2人はアイスクリーム屋で色々な話をする。
バニラビーンズがしっかり入った甘い香りのアイスクリームを堪能し、楽しい時間はあっという間に過ぎていった。

「すっごく楽しくて、帰りたくないくらい!」
笑顔で言ったことり。
2人で顔を赤らめた。

ことりの恋心は浮き、沈み、そして…?

文化祭の準備は着々と進む。
カリスマな生徒会長・奏とちとせの横で、確実に仕事をこなし会長をフォローする副会長・優とことり。

目立たないと思っている優だが、ことりにはとてもカッコよく見えて、想いは高まる一方だった。

文化祭が終わったら、告白したい。
出会いもいきさつもありがちだけど、私もこの恋、少しでもドラマチックにしたいから…。

緊張しながらも、告白の決意を固めたことりだが、後夜祭に誘うと『予定がある』と思わぬ返事が返ってきた。
後夜祭では生徒会の仕事はない。
誰かに誘われてるってこと…!?
何とか空けてみる、と言いかけた優に、ことりは大丈夫と断って走り出した。

振り絞った勇気はいっぺんにしぼみ、脇役な自分を思い知らされた気持ちになって落ち込むことり。
『浜中くんの1番になれる訳がない』と涙が流れた。

その時突然後ろから奏に声をかけられる。
驚きながら振り返ると、奏はこの前は失礼なことを言ったと謝る。
話によると、あの後優にめちゃくちゃに怒られたらしい。
もっとことりの気持ちを考えること、言葉に気をつけること、そして…傷つけたら許さない、と据わった目で言われたという。
奏は笑顔で言った。
「優だけは家柄とか関係なく接してくれるんだ。ちゃんと叱ってくれる。かっこいいよなぁ」

…うん、知ってる。
知ってるよ、カッコいいの。
私も心のままに動こう。失敗してもいいから。
脇役?冴えない?目立たない?ドラマチックなんて程遠い?

そんなの関係ない。
私が好きって思ったから、伝えるの。

ことりは優を探し、見つけると、その勢いのまま告白しようとするが、『私、浜中くんのこと』とまで言ったところでちょうど奏のちとせへの公開告白とかぶる。
ステージ上で抱き合いお姫様だっこされ俺の女宣言して公認カップルとなったちとせと奏に思わず拍手した。

バニラビーンズな2人

肝心の『好き』は言えず、告白のタイミングを奪われたがもう一回頑張るか考えることり。
優はことりの手を握り、校舎裏に呼んだ。
さっきまでことりの事でちとせに尋問されていたと笑う優。
「本当に仲良いね」
と言う。

ことりは優が誰かに誘われていたわけではなかった事にホッとしていた。
優がことりの名を呼び、真っ直ぐに見つめて言う。
「好きです。おれと付き合ってください」
「……はい」
優は嬉しそうに笑う。
ことりは思わず『はい』と言ったものの、まだ脳内で整理出来ずにいた。
そして段々と実感すると、自分も想いを伝えたくなり、
「私も、浜中くんの事が好きです!」
と顔を赤らめながらもハッキリ言う。

優も頰を赤らめた。
自分が彼女でいいのかと聞くことりに、『中谷さんが、いいよ』と言われことりは幸せな気持ちに包まれた。

キスしてもいいかと聞く優に、目を瞑り待つことり。
2人の唇が近づいて、もう少し…という時に、いつまで目を瞑るのか分からなかったことりが目を開けてしまい、一気に2人は赤面し初キスは未遂に終わった。

後夜祭に戻ろうとしていると目の前に奏とちとせがいた。
壁ドンに顎クイ、キスで口を塞ぐという少女漫画のフルコンボを横目に、優とことりは『お幸せに♡』と言いながら去っていく。

並んで歩くことりの目元に、優しくキスを落とす優。
驚いて真っ赤になることりに、『次は目閉じててね』と笑う。
照れながら『…うん…』と答えることり。

私達は、例えるならバニラビーンズ。
地味で目立たないけど、甘い香りはすごく魅力的なのです♡

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

 

『スイートバニラビーンズ』 第2話のネタバレ

ComingSoon

『スイートバニラビーンズ』 第1話のまとめ

今回は『スイートバニラビーンズ』 の第1話のネタバレ&最新話。をお送りしました。

漫画を読むならeBookJapan【背表紙が見やすい!】

eBOOKJapan背表紙

まるで本屋で本を捜すように背表紙で本を探せますよ。やっぱりビジュアルって大事!

登録無料で月額料金不要。しかも登録するだけで半額クーポンが貰える。

eBookJapanで読んでみる

▲無料登録で半額クーポンGET!▲

※キャンペーンは変更されている可能性があります。詳しくは上記から公式をご確認ください。

-漫画ネタバレ
-, ,

Copyright© どりまん , 2020 All Rights Reserved.