漫画ネタバレ

『高嶺と花』 第101話最終回のネタバレ&最新話。花、高校生最後の日

『高嶺と花』 は師走ゆき先生の漫画で、花とゆめにて連載中です。



『高嶺と花』 前話(100)話のあらすじは・・・
鷹羽グループ関係会社も集まって、披露宴が行われた。緊張していた2人だが、今までの乗り越えてきた絆を胸にプレッシャーを乗り越え披露宴に挑む。もちろん反対や批判の声も上がる中、花は全く臆することなく、自分の意志で高嶺の隣に座っている事を伝えた。披露宴を無事終えた高嶺と花はついに結婚式を間近に控え…!?

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

『高嶺と花』 第101話最終回のネタバレ&最新話。

花、高校生最後の日

入籍発表から半年。
高嶺のサポートもあり大学も無事合格。
そして、花の高校生最後の日がきた。

サッカープロデビューを控えた颯馬はすっかり有名人で、周りには絶えず人だかりができている。
話しかけるのも大変な中、花に気づいた颯馬は人だかりを抜けて2人で屋上で話した。
春休みはお互い忙しくなるから話すなら今しかない。
颯馬は遠い世界の人になる、と言う花にどこにいったって俺は俺だ、と答える颯馬。
“サポーター”より、“友達”でいる事を約束した2人は拳をコツンと合わせて笑った。

鷹羽家最後のわだかまり。十和子と蒼天。

ついに結婚式当日。
ウェディングドレス選びに参加させてもらえずふてくされる高嶺。
プンスカと文句を言いながら友人と一緒にいる高嶺を、遠くから十和子が微笑んで見ていた。
高嶺を連れ戻したい衝動は、収まっていた。
代わりに別の意味で寂しい、と言いながらも十和子は嬉しそうだった。
そこへ蒼天が声をかける。
久しぶりに再会した2人は、ベンチで話す。
蒼天は鷹羽家の長男である高嶺の父が亡くなった時の悲しみから、仕事に逃げて十和子に苦労をかけたことを謝罪する。
十和子を“娘”と呼び、自分が“父親失格”だと俯く蒼天。
十和子は、自分も母親失格だと言い、『ずっとお会いしたかったです』と穏やかに笑顔を見せた。

花のウェディングドレス姿に高嶺の反応は?

大海から花の着替えが終わったと聞き、ルチアーノ達と新婦控え室に向かう高嶺。
花のことだからありふれた安物のドレスを選んだだろうと予想し、特に期待していないと言う高嶺。
ルチアーノは『大切な人なら何着たってオンリーワンだ』と説くが、高嶺は『そんな甘えた言説は認めない、絶対に変わるものか』と溜息をつきながら新婦控え室のドアを開けた。

そこには綺麗なドレスを着こなしたとても美しい花嫁がいた。
花の姿に胸を打たれ、頰を赤らめてソワソワする高嶺。
ドレスは縁と水希と光子で選んだもので、花にとてもよく似合っている。

高嶺は何でもないフリをしながら『普通だ』と言い切る。
花も負けじと言い返した。
そして少し考え『“普通”の花嫁と結婚式をあげるんですか?』と聞く。
高嶺は口ごもりながら言う。
「ふ…“普通”というのは俺基準の“普通”だ。
最高の俺にとってのな。
つまり……最高にイケてる!!」
高嶺の顔は真っ赤だった。

花は、心から嬉しそうに笑った。

高嶺と花らしい結婚式

教会に皆が集まる。
花のベールを直しながら、縁は『きれい♡誰も代わりなんて出来ない自慢の妹だよ♡』と優しく微笑んだ。
バージンロードを一歩づつゆっくり歩く花。
高嶺が笑顔で待っている。
差し出された高嶺の手をとり、2人で並んだ。

高嶺・28歳、花・18歳。
この歳の差は一生埋まることはない。
だからこそ、一緒にいた時間を、これから過ごす1分1秒を、楽しんでいきましょう。
これからもどうぞ仲良くして下さいね。

神父役はルチアーノ。
厳かな雰囲気など皆無の、底無しに明るい神父だ。

高嶺から花へ誓いの言葉。
末永く俺を敬愛し毎日嫌がらずにプレゼントを受け取ること。
1日3回愛を伝えること。
米は一番高いものを選ぶこと。
ピーマンとパプリカを間違って買ってきても怒らないこと…など。

段々と日々の生活のグチが見え隠れしてきて、花は『誓いません』と言う。
それを笑って受け入れる高嶺。

花から高嶺への誓いの言葉。
これからも末永く、そうやってバカみたいなこと言って、楽しく過ごすこと。

文句は無限にあるが、言っても誓わないことを分かっている花だった。

高嶺は『誓ってやる』と不敵に笑う。

指輪の交換だが、当初予定していたものより何倍もダイヤが大きくなっていた。
文句を言う花と、ズレた決め台詞を口にする高嶺。
お約束の痴話喧嘩が始まった。

この後は誓いのキスなのだが…ここに来てのこの雰囲気に、ルチアーノも困り顔になる。

『あたしのもの』

つーんとそっぽを向いてイジけたままの高嶺。
花は高嶺の横顔を見た。
そして、高嶺のタキシードのネクタイを手にとり、グイッと顔を向けると、不意打ちにキスをした。

怒った顔も
笑った顔も
悔しい顔も
楽しい顔も

全部全部

あたしのもの。

いいでしょ?
だってあたしが捕まえたんだもん。

高嶺は真っ赤になって慌てる。
笑い声が上がり、教会は笑顔に包まれた。

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

 

『高嶺と花』 第101話最終回のまとめ

今回は『高嶺と花』 の第101話最終回のネタバレ&最新話。をお送りしました。

漫画を読むならeBookJapan【背表紙が見やすい!】

eBOOKJapan背表紙

まるで本屋で本を捜すように背表紙で本を探せますよ。やっぱりビジュアルって大事!

登録無料で月額料金不要。しかも登録するだけで半額クーポンが貰える。

eBookJapanで読んでみる

▲無料登録で半額クーポンGET!▲

※キャンペーンは変更されている可能性があります。詳しくは上記から公式をご確認ください。

-漫画ネタバレ
-, ,

Copyright© どりまん , 2020 All Rights Reserved.