漫画ネタバレ

『テリトリーMの住人』第41話のネタバレ&最新話。宏紀のことを怜久に相談する瑛茉

『テリトリーMの住人』は南塔子先生の漫画で、別冊マーガレットにて連載中です。



『テリトリーMの住人』前話(40)話のあらすじは・・・
瑛茉と怜久は、事故だが唇を重ねてしまう。瑛茉は怜久に口止めしていたが、宏紀に知られてしまう。だが宏紀は全然気にしていない様子。

ホッとする瑛茉だが、全く気にされないのもどうなんだろうと悩む。そんな中、瑛茉たちは宏紀を残し修学旅行へ。離れ離れになる瑛茉と宏紀・・・


無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

『テリトリーMの住人』第41話のネタバレ&最新話。

宏紀のことを怜久に相談する瑛茉

瑛茉は怜久に、いつもと明らかに違う宏紀の薄い反応が不安だ、と相談する。
怜久は、宏紀の様子がおかしいのはこの間の事故のことがバレたからじゃないか、と話すが、瑛茉はそれを否定。
宏紀は、そんなの事故だし気にしないと言って笑っていた、そのあとも機嫌が良かったしいつも通りだった、と返す。
だが瑛茉は、彼女と他の男がキスしてしまったことを全然気にならないのもそれはそれで微妙な感じがした、と本音を言う。
一度は宏紀は自分よりも考え方が大人で人間ができているから、と納得していたが、やっぱり気になってしまう。
自分なら、“気にしない=興味がない”だから違和感が残る。
まるで宏紀から“どうでもいい”って思われているみたいだ、と怜久に話す瑛茉だった。

怜久の中で変わっていく瑛茉への認識

郁磨とこまちゃんは二人でラブラブな時間を過ごしていた。
一方、延々と宏紀のことを怜久に話し続ける瑛茉。
長々と続く宏紀への愚痴にだんだん嫌気がさしてきた怜久。
郁磨とこまちゃんが別行動をして、瑛茉と“ふたりきり”だと少し身構えていたが思っていた野と全然違う…とがっかりする。
事故とはいえ唇を重ねたのだから、少しくらいは瑛茉の気持ちが自分へと揺らぐのではないかと期待したのに笑えるくらい全然無い、そう思うと本当に笑えてくる怜久。
でもそういうのが無くてホッとしている自分もいる。
普通自分を好きだった男に彼氏の相談するだろうか、しかもさっきから同じ愚痴を繰り返してる、と、いい加減めんどくさくなってきた怜久。
怜久は、宏紀の反応が無いのはきっと瑛茉に飽きたからじゃないか、と瑛茉に言う。
そんなことない、と怒る瑛茉。
怜久は冗談だ、と笑う。
初日に体調悪かったんなら実際に高熱が出ていてあんまり反応できないだけかもよ、と話す怜久。
瑛茉は納得する。
熱なら一日で治っているはずだと思い込んで反応がないことにモヤモヤしていたが、治ってない可能性やケガや別の病気の可能性だってある。
怜久は、どのみち今日帰るんだから帰ったらすぐ会いにいけばいい、と助言する。
瑛茉は、早く宏紀に会いたい、と思うのだった。
瑛茉と怜久は、郁磨とこまちゃんと合流する。
怜久は、こまちゃんと笑顔で話す瑛茉を見つめる。
今まで誰も好きになったことがなく、初めて人を好きになって戸惑った、だが想いは叶わずこの先もこの想いをずっと引きずって生きていくのか、と怜久は思っていた。
だけど怜久の中ではいつの間にか“自分の好きな女”という認識より“宏紀の彼女”としての認識の方が強くなっていたのだった。

宏紀の元へと帰ってきた瑛茉

瑛茉たちは新幹線に乗り、帰路に就く。
瑛茉は宏紀のことばかり考えていた。
会いたい、宏紀の太陽のようにあったかいあの笑顔が見たい、そう思っていた。
新幹線が降りる駅に到着しようとしていたところ、ホームに立っていた宏紀を見つけて瑛茉は驚く。
到着してすぐに新幹線を飛び降りた瑛茉は宏紀を探し、見つけて名前を呼ぶ。
宏紀は瑛茉に気づき、瑛茉の元へ駆け寄る。
瑛茉は宏紀の体調を気にしていたが、宏紀は元気そうだった。
どうしてここにいるの?と瑛茉が聞くと、宏紀は瑛茉に会いたくて待っていられなくて迎えにきた、と笑顔で話す。
宏紀は瑛茉を抱きしめ、“おかえり”と伝えた。
このあったかい場所に帰ってきた、と幸せを噛みしめながら“ただいま”と返す瑛茉だった。

宏紀の本音と、進む瑛茉との関係

三日間離れていた分、ずっと一緒にいたいと休みの日に瑛茉は宏紀を自宅へと招く。
瑛茉の部屋でくつろぐ二人。
瑛茉は宏紀がそばにいてくれるだけで満たされる、と感じていた。
瑛茉は宏紀に修学旅行中にどうして反応が薄かったのかを聞く。
すると宏紀は、折角の修学旅行なのに余計なことを言って邪魔したくなかったから、と答えた。
実は宏紀は怜久のことを気にしていたのだった。
修学旅行のノリで二人の距離が近くなったり、瑛茉たちにそんな気がなくても一緒にいる時にまた事故的なことが起こったりするかもしれない、そう考えると不安になり、“今一緒?”とか“何してるの?”とかいちいち聞いてしまいそうで嫌だった、だから考えないように無になってた、と話す宏紀。
ヤキモチを焼いていたことを知り、嬉しくなる瑛茉。
“なんだ気にしてたんだ”、と宏紀にじゃれて抱きつく瑛茉。
宏紀は“気にするよ”と真面目な顔で瑛茉を押し倒す。
見つめ合う二人。
宏紀は言う。
瑛茉に似合うように大人で優しくて頼れる存在になりたいと思っているけど、自分は瑛茉が思うほど人間が出来てない、例え事故でも他の男が瑛茉の唇に触れたなんて気になるし悔しいし嫌だった、瑛茉に触れるのは自分だけじゃないと嫌だ、と。
瑛茉を抱きしめる宏紀。
幻滅した?と宏紀は瑛茉に聞く。
瑛茉は“ううん”と否定し、自分も宏紀にしか触られたくない、と答える。
見つめ合った二人は唇を重ねる。
そして何度も唇を重ね、そして身体を重ねる。
この日に二人は今まで以上に仲良くなったのだった。

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

『テリトリーMの住人』第42話のネタバレ

ComingSoon

『テリトリーMの住人』第41話のまとめ

今回は『テリトリーMの住人』の第41話のネタバレ&最新話。をお送りしました。

漫画を読むならeBookJapan【背表紙が見やすい!】

eBOOKJapan背表紙

まるで本屋で本を捜すように背表紙で本を探せますよ。やっぱりビジュアルって大事!

登録無料で月額料金不要。しかも登録するだけで半額クーポンが貰える。

eBookJapanで読んでみる

▲無料登録で半額クーポンGET!▲

※キャンペーンは変更されている可能性があります。詳しくは上記から公式をご確認ください。

-漫画ネタバレ
-, ,

Copyright© どりまん , 2020 All Rights Reserved.