漫画ネタバレ

『血の轍』 第77話のネタバレ&最新話。辛い記憶を思い出した静一

『血の轍』 は押見修造先生の漫画で、ビッグコミックスペリオールにて連載中です。



『血の轍』 前話(76)話のあらすじは・・・
続いて静一たちと警察関係者は事件のあった山に登り、事件を再現する事に。静一は静子の幻影を見ながらも、事件の再現の説明をしていく...。

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

『血の轍』 第77話のネタバレ&最新話。

人形を使って状況説明を再開

―――しげる役の人間がよろけ、静子役の人間が「しげちゃん!!」と叫ぶ。
そして直前で静子役の人間が受け止める。
…が、辛い記憶を思い出した静一は息が乱れてしまう。刑事が静一に「大丈夫?」と声をかける…。

それから状況説明の続きを始める。
静一は静子がしげるを突き落とすまでの出来事を語り、背後の静子の幻影が恨めしそうに静一を見る。
突き落とす直前、静子の顔が笑っているように見えた事を語ると、続いてしげる役の人間を人形に変えて再現をする。

「それで……それで……ママっは……」
ママッ…ママッ…ママッ…マッ……
静一は人形の顔を見て、ふと幼い頃の記憶を思い出す……。

静子と一緒にいた時の幼き記憶

―――静一の記憶。
そこでは、静子と一緒に高台に来ていた。
目を見開く静一……。

『せーいちゃん、ゆうこときいて。いいからはやくくつはいて』
いいところ、つれてってあげる……静子がそう言う。
何処なのかと聞くと、とっても楽しい所らしい。静子と手を繋いで、外に出る。

再度どこに行きたいのかと尋ねると、静子がずっと行きたかった所らしい。
きっと静一も好きな所だから……と。

高台に着いたが……

―――そうして2人は高台に着く。
ここなのかと確認すると、静子はただ「せいちゃん、たかいねぇ」と答えるのみ。
確かにとても高く、眺めもいい。

静子は静一に「だっこしてあげる」と抱える。
が、静一は静子の顔を見て、訝しむ。その顔は何か憂いを帯びているような、無表情のような……。
「………まま?」

静子は唐突に「わたしもう、きえることにする」と呟く。
そして、だから静一お前も消えるんだと…。

―――せいちゃんがさきね―――

静子はどこか嘲るような狂気的な笑みを浮かべてそう発した。
そして……そのまま静一の体を手すりを超えさせ、高台から手を離して放り投げる………

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

『血の轍』 第77話の感想

静一は多分嘘の供述はしないのではないかと思います。

……が、話している途中で静子との記憶を思い出してしまいました。
なんと幼い頃の静一を高台から手を放して投げてしまったのです。
これは果たして本当にあった出来事だったのでしょうか?
それとも静一が作り出した幻影のようなものなのでしょうか?

恐らくこれは本当にあった出来事で、静一はそれを思い出してしまったのでしょう。
あのまま高台から投げられたのなら、今の静一は存命してはいないはずなのですが…。
恐らく静子が考え直して手を伸ばしたか、落下の最中に何かに引っかかったのだと思います。

……果たしてそんなものを思い出してしまったた静一は、無事でいられるのでしょうか?
また苦しみださなければいいのですが…。

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

 

『血の轍』 第78話のネタバレ

ComingSoon

『血の轍』 第77話のまとめ

今回は『血の轍』 の第77話のネタバレ&最新話。をお送りしました。

漫画を読むならeBookJapan【背表紙が見やすい!】

eBOOKJapan背表紙

まるで本屋で本を捜すように背表紙で本を探せますよ。やっぱりビジュアルって大事!

登録無料で月額料金不要。しかも登録するだけで半額クーポンが貰える。

eBookJapanで読んでみる

▲無料登録で半額クーポンGET!▲

※キャンペーンは変更されている可能性があります。詳しくは上記から公式をご確認ください。

-漫画ネタバレ
-, ,

Copyright© どりまん , 2020 All Rights Reserved.