漫画ネタバレ

『私たちはどうかしている』第56話のネタバレ&最新話。様子のおかしい多喜川

『私たちはどうかしている』は安藤なつみ先生の漫画で、BELOVEにて連載中です。



『私たちはどうかしている』前話(55)話のあらすじは・・・
ついに光月庵に戻ってきた七桜。しかし店の者たちの反応は悪く、覚悟をしなければいけないと思います。桜羊羹を作ろうとしますが、まだ赤い色がダメな七桜。
栞の姉、由香莉が武六会の招待状を持ってきます。この会から外されるというのは店の終わりを意味していました。見定められる七桜でしたが、菓子を作ることで試されることになりました。一方、女将は不穏な動きをしていました。

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

『私たちはどうかしている』第56話のネタバレ&最新話。

様子のおかしい多喜川

武六会では神社で店の道具を清める儀式がありました。
御祭神に供える菓子は代々光月庵を継いだ人に先祖の道具を使って作られています。
かつて樹も作り、月に桜の花びらが舞う美しい落雁だったそうです。
七桜は作りますと約束します。
店主としての初めての仕事になりました。
外に出ると雪が降っていました。
七桜に傘を差し出す多喜川。
多喜川はあの人たちにはただ合わせて笑っているのが一番だとアドバイスします。
しかし七桜はそんなのは嫌だ、多喜川の全てを知っているわけではないのに馬鹿にされるのはイヤですと言います。
本当の多喜川さんを知りたいと七桜が言うと、多喜川はある女性の顔が思い浮かび、傘を落としてしまいます。
そこに由香莉がやってきます。
由香莉は「薫さんは本当は…」と言いかけた時、多喜川の表情が変わります。
由香莉と言葉を遮る多喜川。
多喜川はそのまま誤魔化して去ります。
多喜川が見せた表情が誰かに似ているような気がする七桜。

道具を盗まれた七桜

光月庵に戻り、道具をあらためようとした時でした。
あるはずの道具は無く、代わりに蝶がピンで刺されていました。
まさかと女将の部屋に行きますが女将の物はすべてなくなり、姿もありません。
店の者がどうしたのかと七桜に尋ねますが、七桜は言い出せません。
私一人でなんとかしないとと駆け回る七桜。
焦る七桜は車に轢かれそうになりますが、栞がそれを助けてくれます。
栞は店は一人でやるものではない、話して下さいと迫ります。
楓の最後の言葉を思い出した七桜は泣きながら栞に女将のことを打ち明けるのでした。
栞は長谷屋にいた頃に集めた宿や料亭の資料を持ち出し、片っ端から電話をかけていきます。
かけ終えた七桜たちは後は知らせがくるのを祈るしかありません。

椿の出会い

栞は七桜に多喜川と付き合っているのか聞きます。
10年くらい前に姉の由香莉と多喜川は付き合っていたそうです。
姉の由香莉には気をつけて下さいと言う栞。
ところかわり、石川県志賀町。
とある料亭に椿の姿はありました。
店で勝手にタバコを吸う客に注意をする椿。
机に打ち付けられ、頭をぶつけた椿はやり返そうとしますが、自分の手は菓子を作るためにあるのだと思い出しこらえます。
殴られる椿。
ゴロツキは店の通報に逃げていきます。
椿くん!と呼びかける声がして顔を上げるとそこには夕子さんがいました。
月が見えない夜。けれど月は満ちてまた輝き出すのです。

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

『私たちはどうかしている』第57話のネタバレ

『私たちはどうかしている』第57話のネタバレ&最新話。七桜の元に現れた人物とは…

『私たちはどうかしている』は安藤なつみ先生の漫画で、BELOVEにて連載中です。 『私たちはどうかしている』前話(56)話のあらすじは・・・ "武六会から七桜に依頼されたのは受け継いだ道具を使い、落雁 ...

続きを見る

『私たちはどうかしている』第56話のまとめ

今回は『私たちはどうかしている』の第56話のネタバレ&最新話。をお送りしました。

漫画を読むならeBookJapan【背表紙が見やすい!】

eBOOKJapan背表紙

まるで本屋で本を捜すように背表紙で本を探せますよ。やっぱりビジュアルって大事!

登録無料で月額料金不要。しかも登録するだけで半額クーポンが貰える。

eBookJapanで読んでみる

▲無料登録で半額クーポンGET!▲

※キャンペーンは変更されている可能性があります。詳しくは上記から公式をご確認ください。

-漫画ネタバレ
-, , ,

Copyright© どりまん , 2020 All Rights Reserved.